富士電機株式会社

全設備共通の予防保全赤外線サーモグラフィによる劣化診断サービス

赤外線サーモグラフィを用いて、設備が稼働中に機器の過熱状態を、安全に素早く調査します。

概要

  • 非接触・遠隔から計測できます。
    稼動状態で安全距離を保ったまま、対象設備の点検調査が行えます。
  • 視覚的に変状箇所の判別が可能です。
    一目で異常箇所が認識できます。
  • トータルコストを抑えることができます。
    稼働状態の設備を点検することで、設備休止時間の短縮が可能です。

赤外線サーモグラフィ

検出例 1

検出例 2

診断手順

適用上の注意

  • 過熱確認したい部位が直視できるように扉やカバーの取り外しをお願いします。
  • 測定は、誤差が生じる場合があります。

メニュー