富士電機株式会社

生産設備・ユーティリティ設備の予防保全プラント制御性診断サービス

プラントの安全性&生産性UP

Controllability Diagnosis Service for Industrial Plant
プラントの経年変化に対応した最適制御を実現します
設備のパフォーマンス、最大限に発揮されていますか?
ムダなアラームとPID制御に着目!

特長

制御性診断・改善

資金をかけずにプラントの性能を引き出し、コストダウンや生産性UPを実現

  • 6割が最適制御をしていないといわれるPID制御。その制御性を安定させ設定値を過剰投入させないレベルに。
  • 製品寿命を延ばすことも可能。薬品などの使用量低下によるコストダウンも期待。

アラームメッセージ診断・改善

アラームの洪水にさらされているオペレーターの負担を削減。安全性と利益の向上に貢献

  • DCS制御プラントが発するメッセージを指標をもって解析・診断することでムダなメッセージを削減。
  • アラームや運転履歴などの相関からソフトの自動化などのプログラム改善をご提案。

制御性診断・改善

  1. 安全をみてエアリッチにしているなど、不要なエネルギー削減に

  2. 操作端開度行き過ぎ量による過量エネルギー投与の撲滅に

  3. 当該系の不調による上・下流の制御不調の影響低減に

  4. 無駄な開閉による不要なエネルギー削減に

  5. 本来得られるパフォーマンス享受に

アラームメッセージ診断・改善

  • 統計的手法でメッセージやアラームを指標化し「見える化」に
  • 改善の着手ポイントスクリーニングに、アラームマネジメントに
  • 操作量が多いものは、自動化の検討設定値見直しに
  • ひっきりなしのアラームによる見逃しの削減に
  • 制御動作不調のクローズアップに

狙う効果、成果

スマートに、

  • 燃焼効率向上、薬剤削減をはじめとした生産性向上
  • 省エネルギー、エネルギー源単位削減、省マネー
  • 少ない投資資源で経営ロスコストが大幅に削減
  • ISO50001省エネマネジメントや高度制御構築の足がかり

更に「Fe-TOP」や「EMS」につなげていくとさらに大きな成果が得られます。
MICREXパワーユーザーにも最適です。

メニュー