富士電機株式会社

生産設備・ユーティリティ設備の予防保全高圧回転機オンライン部分放電診断サービス ROPAS

高圧回転機の固定子コイルの部分放電をオンラインで測定し、巻線の絶縁劣化を診断します。

概要

  1. 診断対象 : 2kV以上の高圧回転機

  2. 回転機運転中に絶縁劣化により生じる部分放電を各種センサにより検出します。

  3. オフライン診断では検出できないスロット放電、相間放電、スパーク放電の発生も判定します。

  4. 部分放電の検出レベル (IEEE standard 1434-2000) から、早期に絶縁劣化の兆候が把握出来ます。

システム構成

2種類のセンサを選択して診断出来ます

部分放電の分析・評価

測定装置

絶縁診断手順

適用上の注意

  1. 測定装置用に100Vの電源を借用します。

  2. フレームセンサでの検出時は、センサ取付部の塗装を剥します。

メニュー