富士電機株式会社

特長

バッチ生産ラインにおける設備の異常兆候を自動検知し、その場で原因を解析できるモニタ型の診断装置です。
設備の稼働停止要因となり得る異常兆候を事前に把握し、その対策につなげることで、生産設備の安定稼働とお客様の生産性向上に貢献します。

現場ですぐに異常兆候診断が始められます!バッチ・ロット生産に対応!

適用範囲

一般的なMSPCは、水処理施設における水の流れなど、一定の状態が継続するプロセスに適用されますが、バッチ生産には不向きとされていました。
独自開発の、バッチ式MSPC(特許取得済)で正常時と稼働時のデータの差分を算出し、診断することで異常兆候を検知します。

こんな場面で活用できます!

適用事例

工場ライン

製造工程の診断・分析による
品質確保、歩留りの向上

半導体装置

製造工程の診断・分析による
検査工数の削減

店舗

冷凍機システムの監視による
異常予兆の検知

ロボット

ロボットアーム等の状態監視・診断による
故障の未然防止

プレス機

保守部品の診断・分析による
延命や保全費の削減

搬送装置

搬送工程の監視による
メンテナンス工数・点検時間の削減

Top of page