富士電機株式会社

運用

診断装置の運用(異常検出→現場で確認)

もし、異常を検出したら・・・

寄与度、相関表、統計量などの分析画面を利用して異常要因の深堀を行う

①診断メイン: Q値や収集データの波形を確認
②相関表画面: パラメータ間の相関関係確認
③寄与度画面: 関連が大きいパラメータを確認
④基本統計量: 過去データとの比較によるパラメータ値変化の推移を確認

診断結果表示(メイン画面)

診断結果やQ値に加えて計測値の波形を表示し、装醤の診断を見える化します

解析・寄与度表示

異常と診断された要因となるパラメータ(計測値)を表示します

Top of page