教育研修

富士電機では社員の能力開発を経営の重要な方針として位置付け、充実化を図っています。東京事業所にある能力開発専門の研修所において、ありたい姿や本当に必要な技術・スキルは何かなどを自由闊達に階層を越えた議論を通じながら“高いエンプロイヤビリティを有するプロフェッショナルな人材の育成”を目的に、内定者から幹部社員クラスまでの階層別研修のほか、選抜研修、グローバル化研修、専門別研修、オープン講座を実施しています。

img

階層別研修

入社・進級・昇格時に全員が受講する集合研修

社員のステップに応じた各種研修をご用意しています。
たとえば新入社員~若手社員の時期には下記のような研修を実施しています。

  • 入社時研修

    富士電機社員としての意識の醸成と、
    社会人として必要な基本的なマナー・スキルを習得します。

  • ステップアップ研修・
    入社2年目研修

    業務上の独り立ちと、自らの業務課題に対して期待される成果をあげるために、
    課題設定から解決に至るプロセスを論理的に導く力や、財務会計知識等を習得します。

※他の階層を対象とした研修や事業部門毎に実施する研修もあります。

選抜研修

  • ビジネスコアリーダー研修
    (BCL研修)

    将来の事業展開の中核を担う人材の育成を目的に、
    優秀な若手リーダー層を対象に行う選抜研修です。
    経営知識の習得、戦略的思考と行動特性の醸成、
    社内外とのネットワーク拡充に約10ヶ月取り組みます。

グローバル研修

  • Global Specialist
    Program

    今後さらにグローバルにビジネスを展開し、
    事業伸長を加速化させるため、一定の国内経験がある中堅社員を
    1~3年間当社海外拠点に派遣する育成プログラムです。

  • 海外留学制度

    将来的にグローバルリーダーになりうる人材の育成のため、
    若手社員を海外の大学・研究機関に留学生として派遣し、
    海外での共同研究を通じて育成するプログラムです。

オープン講座

仕事に必要な知識・スキルの習得および自己啓発を目的に、選択して受講する教育講座です。
300種類の講座を開催しています。

福利厚生

  • 寮・社宅制度

    寮・社宅制度

    寮、社宅(家賃補助も選択可能)は各拠点ごとに完備されています。

  • 財形貯蓄制度

    財形貯蓄制度

    積み立てた貯蓄を退職後年金として受給することができる積立年金制度、住宅財形制度や一般財形制度、従業員持株会(会社補助有り)などの各種財産形成制度を用意しています。

  • 厚生施設・保養所

    厚生施設・保養所

    健康保険組合保養所、健康増進センター、厚生年金保養所など、社員の健康増進、余暇活用に役立てています。

制度を知るTOP

ページの先頭へ戻る