Interview 社員インタビュー

「実は富士電機製」という身近な製品の担い手

設計開発

2012年入社
K・M

食品流通事業本部 開発統括部
制御開発部 開発第一課
機械システム科卒業

2012年の入社以来、食品流通事業本部内の三重工場で電気設計の仕事に携わっています。
取り扱うのはスーパーマーケットやコンビニに置く食品ショーケースやコーヒーマシン、
物販自動販売機、カップ自動販売機など、日常生活でおなじみの製品ばかりです。

現在の私の仕事

私の所属する制御開発部では食品流通事業本部全製品の電気制御部分について、機能開発から量産化設計までを行っています。課内の業務担当は電装部品のハードウェアとソフトウェアとで分かれており、私は主にカップ自販機のハードウェア開発を担当しています。
具体的な業務は顧客要望の収集、仕様の決定、設計開発、試作評価、全体のスケジュール管理、DR(デザインレビュー。製品を市場に出すまでの各プロセスを確認・承認していく作業のこと)推進まで多岐にわたります。これまで担当する製品は何度も変わりましたが、さまざまな経験をして知識を増やしていくジョブローテーションを通じて、キャリアアップを図っていけると考えています。

仕事のやりがい、
そしてその難しさ

入社して間もない頃でしたが、食肉用ショーケース用の、照明LEDの開発を担当しました。中国向けということもあり、おいしそうに見える赤っぽさを基調に、何度もお客様のもとを訪ねて確認し、満足いただけるまで微妙な色味の加減を調整しました。量産開始時にはライン立会いのため、中国にある生産メーカーの工場にも出張するなど、大変なことも多くありましたが、大きな達成感を感じたことを覚えています。
当社はメーカーなので、自分が手がけた製品が市場に出て、お客様に喜ばれることには大きなやりがいを感じます。特に私の部署は富士電機の中では珍しく、コンビニやスーパーなどに置かれる製品を扱っています。一般のお客様の目にも留まりやすいそうした場所で、自社の製品を見かけることはうれしいですね。

失敗から生まれる成長の瞬間

失敗談ではないですが、他部署やお客様など多くの人の関わりを通じて、コミュニケーションの大切さを学びました。顧客要望の収集などでは商品企画部や営業部から情報を得たり、ときにはお客様と直接お会いすることもあります。学生時代まで人見知りだった私も、今ではそうしたコミュニケーションが苦ではなくなっています。そして経験を重ねていくうち、部署や人によって色々なやり方があり、それらを「こういうやり方もあるんだ」「こうするともっと良くなる」など、認め合って活用していくことも学びました。
また、私は入社以来、電気系の設計業務を担当していますが、大学の専攻は機械系でした。当初はそのあたりの知識のギャップに苦労したものの、業務や研修などを通じて学ぶ機会も多く、最初は専門性がない分野であっても問題はなくなるのだ、という実感も強く持っています。

私のリフレッシュ法

サッカー観戦。愛知県出身なので名古屋グランパスエイトのファンです。地元の友達とスタジアムまで応援に駆けつけます。また、会社の仲間とは月1回のペースでバスケやフットサル、ゴルフなどやっています。終わってからの飲み会も楽しみの一つです。

ある1日のスケジュール

7:00
起床
8:30
出社 メール確認、1日のスケジュールチェック
9:00
担当製品の設計(設計書・図面作成/評価実験/報告書作成 等)
11:00
打合せ
12:00
昼休み
13:00
グループミーティング
14:00
量産機組立の立会い
16:00
打合せ
17:00
終業、残業
20:00
帰宅
24:00
就寝

私が富士電機を選んだ理由

エネルギー関連の事業を中心に幅広い事業を手がけており、さまざまな形で社会貢献度が高いところに惹かれました。また学生時代から「福利厚生がしっかりしている」、「風通しがよい社風」という話も聞いていて、実際その通りで働きやすい環境ではないかと思います。私はもうすぐ昇級試験を控えていますが、この会社で成長してきたことに満足しています。

学生の皆さまへ

社会人になって思うことは、学生時代は自由に使える時間が多いので、今のうちに勉強でも遊びでも、どんどんチャレンジして欲しいということ。そうやっていろいろな経験を積んでおくのは大事ですよ。私自身はむしろ会社に入ってから、やりたいことがたくさん出てきて、もっと早くからやっておけばよかったと後悔しています。学生としてやっておくこと、今しかできないことを大切にしてください。

ページの先頭へ戻る