Interview 社員インタビュー

健全な資材調達でものづくりの基盤を支える

資材調達

2016年入社
Y・S

富士電機機器制御株式会社 生産本部 大田原工場
生産部 購買課
文学部芸術学専修卒業

就活の時に知った「購買」という仕事が面白そうだと思ったことが志望動機。
2016年の入社以来、大田原工場で購買の仕事を担当しています。

現在の私の仕事

工場で生産する製品用の材料や部品はもちろん、非生産材やサービス等も含めた調達を担当しています。Quality(品質)、Cost (価格)、Delivery(納期)の視点から、競争力に直結する部品を継続的かつ安定的に調達することが必要です。たとえ小さな部品であっても、1個1個をいかに安くして原価を下げ、当社の利益を増やしていけるかを考えることが使命です。また市況の変化にも対応し、生産ラインに影響を及ぼさない調達を心掛けなくてはなりません。
「渉外」という言葉からは、一般に営業的な業務がイメージされますが、購買の場合は営業と逆の立場となり、ものづくりの基盤を支えている仕事と言えると思います。
また、調達でお世話になっている地元の中小企業様や協力会社様には、お互いに気持ちの良い取引ができるよう、法を遵守し、誠意を持って対応することを心掛けています。その意味では「富士電機」という会社を代表しているという気持ちで仕事をしています。

仕事のやりがい、
そしてその難しさ

課員の入れ替わりがあって自分の担当業務に変更があったときは大変でした。それまでの電子部品担当からいきなりプレス品の担当に。プレス品はまず、図面を読まないと仕様を把握できないのですが、その読み方がわからない。時間をもらって実物と見較べて勉強し、読み方を覚えました。それからはまったく新しい図面をもらっても、どんな部品かイメージできるようになり、仕事への興味も増しました。
そうした努力が会社の損益に貢献し、自分のやったことの成果を数字で確認できるのが大きなやりがいです。大規模なコストダウンが見込める案件を、初めて自分が中心となって推進したときのことは今でも強く印象に残っています。とある材種の購入先が当初は1社独占状態だったのですが、新規にもう1社開拓して、量産立ち上げまで関わりました。原価低減だけでなくBCP的観点からも会社に貢献することができ、達成感がありました。「やらせてください」と言えば任せてもらえる会社であり、のびのびと仕事をさせてくれる環境だなと感じています。

失敗から生まれる成長の瞬間

協力会社様に製造を委託している部品の在庫状況を勘違いした結果、その部品が足りなくなって製品の生産ラインを止めてしまったことがあります。止めてしまったのが主力製品だっただけに、冷や汗ものでした。
このときはすぐに協力会社様に連絡して部品の納期を早めてもらい、私自身が協力会社様まで出向いて部品を受け取り、その足で生産ラインに届けました。
そしてライン停止中の生産ロスをカバーするため、併せてその部品の次回以降の調達予定を通常より前倒したことで、当初の予定製造台数に追いつくことができました。
結果的にはなんとかなりましたが、そもそもの勘違いは自分が他の仕事も抱えていて、タスクを溜め込んでしまったのが原因でした。以来、手持ちの業務の進捗を定期的にチェック・管理する仕組みを作って気をつけています。また上司に自分の業務状況を共有すること、そして折に触れて豊かな経験に基づいたアドバイスをいただくようにすることも、忘れずに心掛けています。

私のリフレッシュ法

バイクでのツーリング。それまで原付でさえ乗ったことがなかったのですが、大田原工場に配属が決まったとき、せっかく住むのであればこの地域を楽しもうと思ってバイクの免許を取得しました。大田原工場から那須高原までは近いので、よくツーリングに行って自然を満喫しています。

ある1日のスケジュール

7:00
起床
8:30
始業。メールチェック、承認戻り書類のファイリングなど
9:00
発注業務、納期管理業務
10:30
取引先と打合せ、課内方針管理の施策推進
12:00
お昼休み
13:00
取引先からの変更申請の対応、コストダウン交渉、発注業務
16:30
コストダウン活動(抽出案件まとめ、進行中案件の進捗チェック)
17:30
データまとめ(コストダウン関連、納期管理関連)
18:30
退社
23:00
就寝

私が富士電機を選んだ理由

子どもの頃、父の仕事の関係でネパールに住んでいたことがありました。当時のネパールは1週間に何回も停電するような状況でした。大人になって改めてそのことを思い出し、電気の重要性を感じるとともに、その供給や制御に関わる仕事に就きたいと思ったのです。そうすれば直接的ではなくとも、ネパールの人たちの暮らしやすさに繋がるかな、という思いもありました。
そんな思いを抱えながら就活で富士電機の会社説明会を訪れたとき、若手社員の方々が異口同音に「若くても仕事を任されている」と、イキイキと話してくれたことにも惹かれました。経営規模が大きすぎず小さすぎないところも魅力的でした。

学生の皆さまへ

巨大企業に就職した大学の先輩から「会社の規模が大きすぎて、自分がその中で重要な役目を担っているという手応えを感じにくい」という話を聞いたとき、私は個人の裁量に任せてもらえる部分が大きい、当社くらいの規模がとてもいいなと思いました。
今後の個人的な目標は、材料全体の調達戦略を立てて実行できるようになることですが、そのような背景もあって、近い将来にきっと実現できると確信しています。そんな風に自分なりに「ここで毎日やっていけるか、40年間続けられる仕事か」という視点で就活をした方がうまくいくし、入社後のギャップも少ないと思います。

ページの先頭へ戻る