富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

富士電機テクニカ株式会社

FAQ

Q1.APR(交流電力調整器)って何ですか?

APRは、AC(交流)Power(電力)Regulator(調整器)の略で、「交流電力調整器」のことを言います。
APR(交流電力調整器)は、交流電圧、電流を無段階に調整するもので、電気炉に使用されるヒータなどの温度制御、照明の調光(明るさの調整)、電源の制御、モータの速度制御など各方面で広く使用されております。
APRの特長は、サイリスタなど半導体を使用して電力を無段階に制御できることにあり、温度制御に使用した場合、電磁接触器などによるON/OFF制御に比較して高い温度精度が得られます。
具体的に、電気炉などで使用されている例について図1によりご説明します。
電気炉などの温度制御を行う場合、電気炉の温度を「温度センサー」で測定し、その測定値を「温度調節計」に入力します。
「温度調節計」は目標温度(設定温度)に対して検出温度が低い場合は、APRの出力電圧を上げるような信号(12~20mA)を出力し、検出温度が高い場合にはAPRの出力電圧を下げるような信号(12~4mA)を出力します。
APRは、この信号を受けて電気炉に供給する電力を調整して温度制御を行います。

図1 電気炉の温度制御装置
図1 電気炉の温度制御装置

APR

外部からの信号(DC4~20mA)により負荷に加える電圧をその電気信号に比例した電圧に制御します。
APRの設定信号は、電流信号のDC4~20mAのほかに、電圧信号のDC1~5V、APRの内部電圧を使用した可変抵抗器による設定(一種のポテンショメータ)の3つを基本入力信号としています。

温度調節計

温度センサが測定した測定温度(PVと言います)の電気信号を受けて、設定温度(SVと言います)と比較し、設定温度に保つようAPRに信号を出力します。
出力例
この出力信号がAPRの設定信号となります。

関連製品