富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

富士電機テクニカ株式会社

ホーム > 富士電機テクニカトップ > よくある質問 > ノイズ・サージ防止機器:ノイズカットトランス

FAQ

Q6.ノイズ減衰特性は、どのように測定しているのですか?
減衰量の単位(dB)って、どのような単位ですか?

ノイズ防止機器の減衰特性は、防止機器を通過する前後のノイズのレベルを比較して、その比を減衰率としてデジベル[dB]で表示しております。デジベルは、音の強さの単位として知られておりますが、電気信号の増幅、減衰の度合を表す単位としても使用されます。減衰量[dB]は次式で表されますが、式に対数が含まれているため、ノイズ減衰率とデジベルの関係は下表のようになります。(-60dBは、1/1000の減衰率をいいます)また、減衰量は、右下図のように入ってくる周波数によっても異なります。

● 減衰量〔dB〕を表す式

式
表 デジベルとノイズ減衰率
表
図 周波数と減衰率
図

関連製品