富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

富士電機テクニカ株式会社

ホーム > 富士電機テクニカトップ > よくある質問 > SPD(避雷器):SPD(避雷器)の選定、設置、配線(接地)、保守点検

FAQ

Q6.SPD(避雷器)の接地はどのようにしたら良いですか?
また、接地線のサイズと長さはどのようにすべきですか?

SPD(避雷器)は,機器や装置の電源線または信号線と接地との間に挿入することにより,サージを大地に放流すると共に機器や装置に対して等電位化を図ることができ,機器や装置を過大なサージ電圧から保護することができます。

SPD(避雷器)の接地線は,侵入する雷サージを速やかに機器や設備の外に分流させて大地に放流する役目があります。そのために,電源用SPD(避雷器)に使用する接地線は比較的太い(5.5mm2)電線で接地端子まで最短距離で配線することが大切です。

(尚,IEC規格では,電源用SPD(避雷器)の場合4mm2以上の電線を使用して最短距離(0.5m以下を推奨)で盤または装置の接地端子に接続するように規定されています。)