富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

富士電機テクニカ株式会社

ホーム > 富士電機テクニカトップ > よくある質問 > SPD(避雷器):SPD(避雷器)について

FAQ

Q2.「SPD(避雷器)」って何ですか? どの様な働きをするのですか?

「SPD(避雷器)」は、「避雷器」ともいい、雷やスイッチの開閉によって発生した瞬間的な過渡的過電圧(サージ)を制限して、機器や設備を保護する機器です。
一般的に落雷しますと、数十kV以上のサージが発生し、各種電気機器に侵入する可能性があります。
これに対して、機器自体のサージ電圧耐力は5kV程度以下というのが実情ですので、雷サージが入ると第1図の様に電気機器の電子回路が破壊してしまいます。
これは雷サージの侵入により電気回路とケース(アース)間に機器自体のサージ電圧耐力以上のサージ電圧が加わるからです。
この様な時、SPD(避雷器)を第2図の様に電気機器の電源回路とアース(ケース)間に設置すると、雷サージが侵入してもSPD(避雷器)の働きで雷サージをバイパスして大地に逃すことができ、電気機器を守ることができます。
SPD(避雷器)は、この様に侵入した雷サージを各種電気機器のサージ電圧耐力以下に低減する働きをします。

雷サージが大事な電気機器の電子回路を破壊する略図

第1図 雷サージの侵入

SPD(避雷器)で電気機器を守る略図

第2図 SPD(避雷器)の効果

(注)SPD(避雷器)のことをIEC(国際規格)ではSPD(Surge Protective Device)と言います。