富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

富士電機テクニカ株式会社

FAQ

Q8.電力トランスデューサを選ぶとき、どのようなことを注意したら良いですか?

  1. 「電力を変換するトランスデューサ」を選定する時には、VT、CTの「二次側電力」を計算する必要があります。
  2. まず、入力信号の「VT比」「CT比」を確認してください。
  3. 「VT比」「CT比」を確認することによりトランスデューサが変換する電力値を計算することが出来ますので、それによって機種を選定します。

計算は、次により行います。
例えば、VT:AC440/110V、CT:20/5Aの三相用の電力に使用するトランスデューサが欲しい場合には次により計算します。

三相三線の電力の計算(トランスデューサに入る電力を計算する)

\( P(電力) = \sqrt{3} × E(電圧) × I(電流) × cos φ(力率) \)

(注)cosφ(力率)は通常「1」として計算する。

\( = \sqrt{3} × 110 × 5 × 1 \)
\( = 952〔W〕 \)

機種は、三相用ですので、「三相電力用CW3形」となります。トランスデューサへの入力条件は、次の通りとなります。

  • VT二次側電圧 110V
  • CT二次側電流 5A
  • VT、CTの二次側電力 952W

この条件よりカタログから〔記号15〕を選定します。

三相電力トランスデューサの定格入力表