富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

アラームOH1が発生しました。どうしたらいいですか?

ご質問

アラームOH1が発生しました。どうしたらいいですか?

回答

OH1は,冷却フィン温度が異常に上昇または,周囲温度がインバータの仕様範囲を超えている場合に発生します。
考えられる原因および,対策については以下をご確認ください。

原因 チェックと対策
  • (1) 周囲温度がインバータの仕様範囲を超えている。
周囲温度を測定する。
  • →盤の換気を良くするなどして,周囲温度を下げる。
  • (2) 冷却風の通路がふさがれている。
据付けスペースが確保されているかを確認する。
  • →据付けスペースを確保できる場所に設置し直す。
フィンの目詰まりがないかを確認する。
  • →清掃する。
  • (3) 冷却ファンの寿命・故障で冷却ファンの風量が落ちている。
冷却ファンの運転積算時間を確認する。
(FRENIC-MEGAユーザーズマニュアル 第3章「3.4.6 メンテナンス情報を見る」を参照)
  • →冷却ファンを交換する。
冷却ファンが正常に運転しているか目視確認する。
  • →冷却ファンを交換する。
3相200V 37kW以上,3相400V 75kW以上では,冷却フィン用の冷却ファン以外に内部攪拌ファンも存在します。以下のポイントを確認する。
  • →ファン電源切換コネクタ「CN R」「CN W」の接続を確認する。
  • →コネクタの接続を修正する。
    (FRENIC-MEGA 取扱説明書第2章「2.3.4主回路端子,接地端子の配線」⑥切換コネクタを参照)
  • (4) 負荷が大きい。
出力電流を測定する。
  • →負荷を低減する(冷却フィン過熱予報(E01〜E09)/過負荷予報(E34)を利用し,過負荷になる前に負荷を低減する)。
  • →モータ運転音(キャリア周波数)(F26)を下げる。
  • →過負荷回避制御(H70)を有効にする。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

関連資料

その他の質問

ページの先頭へ戻る