富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

CSR取り組み事例次世代育成支援

富士電機では、科学技術の素晴らしさやものつくりの大切さを伝えるとともに、社会でどのように役立っているかを伝えていくことを重視しています。社員が講師やサポートを担当して実施する、小中学生向けの「理科教室」や教員向け企業研修の受入れを行っています。その他、「職場体験・工場見学」などに加え、自立支援や企業講和など、社会に出て職業人として自立していくためのキャリア教育、教育支援活動に積極的に取り組んでいます。

次世代育成支援活動テーマ

テーマ 活動内容 活動風景
理科教室 子どもの理科離れを背景に、科学技術の素晴らしさを子どもたちに伝えていくための活動です。

  【活動事例】
「手作りモータ製作」北海道札幌市(札幌市立中央小学校)
「ものつくり教室」三重県四日市(四日市教育委員会・地元中学校)
「自動販売機の出前授業」沖縄県那覇市
「出前授業」マレーシア
「3Dプリンターでコマを作ろう」東京都江東区(江東区立第二亀戸小学校)
「技術者から学ぶエネルギーの今」(船橋市立三山東小学校・大田原市立大田原小学校)
「子ども大学こうのすと連携した理科教室」埼玉県鴻巣市(鴻巣市教育委員会・地元小学校)
「風力発電の実験を通して発電の仕組みを学ぶ」神奈川県川崎市(川崎市立南原小学校)
手作りモータを体験手作りモータを体験日エネルギーをむだなく使う実験エネルギーをむだなく使う実験
教員向け研修 企業と教育界のコミュニケーション促進の一環として、教員の企業研修の受け入れを行っています。先生方に、理科のおもしろさ、ものつくりの大切さを伝えるとともに、最新の技術動向などの情報を提供し、実際の授業に役立てていただくための活動です。

  【活動事例】
「教員の民間企業研修」一般財団法人 経済広報センター
「理科実技研修」東京都日野市(日野市教育委員会)
「JEMA理科セミナー」(品川区教育委員会など)
教員の民間企業研修教員の民間企業研修 日野市理科実技研修日野市理科実技研修
職場体験・工場見学 子どもたちにものつくりへの興味・関心を喚起する職場体験や、地域住民の皆様に、当社の技術・製品やさまざまな取り組みを伝え、当社を理解していただくための工場見学を実施しています。

  【活動事例】
「親子で楽しむ工場見学会の開催」
「海外子会社における就業体験」
「小学生の社会科見学受入」
「看護大学生の実習受入」
「中学生の職場体験学習受入」 他
中学生の職場体験 中学生の職場体験
キャリア教育 社会に出て職業人として自立していくために必要な能力や、働くことの意義や職業観を学び、仕事に対して意欲的に取り組む姿勢や態度を身につけることで、自分の進路を主体的に選択していけるように啓発する活動です。

  【活動事例】
企業講話(日野市立日野第四中学校)
中学生への職業講和 中学生への職業講話
教育支援 トレーニングキットやトレーニングシステムなどの教材を提供し、ものつくりを実体験してもらうことを通して、必要な知識や技術力を高めてもらうための活動です。

  【活動事例】
「教育教材の寄贈」ベトナム(ハノイ工科大学)
「大学への研究用教材の寄贈」インドネシア(ダルマ・プルサダ大学)
研究用教材の寄贈と感謝状受領 研究用教材の寄贈と感謝状受領

2018年度のトピックス

理科教室

■小学生を対象とした理科教室開催
プログラミング授業の様子
制作物プログラミング授業の様子と制作物 自販機内部に見入る子どもたち 自販機内部に見入る子どもたち
富士電機ITソリューションでは、2月10日、岩手県大船渡市の小学生を対象としたプログラミング授業を開催し、小学生約20名が参加しました。1~3年生向け授業では、3D-CADソフトと3Dプリンターでオリジナルネームプレートを作成し、4~6年生向け授業では、ロボットを指示通り動かすためのプログラムを作りました。参加者は、でき上がったネームプレートや実際に動き出すロボットに笑顔で歓声をあげ、講師役となった社員たちは、その楽しそうな姿に喜びもひとしおでした。

■出前授業の実施

沖縄支社では、8月7日、那覇市繁多川公民館で出前授業「第2 回キッズ自販機研究所」を実施し、16 人の小学生が参加しました。子どもたちは、授業開始を心待ちにしている様子で事前にテキストに目を通していました。授業では、自販機やコイン識別装置の動きを観察しながら、商品の払い出し、冷却の仕組み、金額表示の設定方法、飲料用と物販用自販機の仕組みの違いなどの説明を熱心に聞き、初めて見る自販機の内部に目を輝かせていました。子どもたちが製品への興味・感心を高めていってくれることを期待して、今後もこのような地域貢献活動を行っていきます。

教員向け研修

■教員の民間企業研修

コーヒーマシンの講義コーヒーマシンの講義 危機体感教育(感電の体感)危機体感教育(感電の体感)武蔵野の森見学の様子武蔵野の森見学の様子富士電機では多様な人とのコミュニケーションやチーム力を大切にしながら、より良いものを創り出そうという富士電機の姿勢や取り組みを紹介し、学校教育に役立ててもらいたいと思い、教員向けにも研修を実施しています。

12年目となる2018年度は、7月31日~8月2日に日野市の小・中学校の教員16名を迎えて実施しました。

3日間の研修で、CSRやダイバーシティ、工場見学、製品分解、安全教育、人財育成などさまざまな企業活動を通して、富士電機を知っていただく、体感していただく、考えていただく内容としました。

また、講師はすべて社員が担当し、新しいプログラムを組み込み、より分かりやすいものとなるよう工夫しました。

・コーヒーマシンについて
各分野の専門家でチームを組んで商品を作っていくチームマーチャンダイジングの話や、コーヒーマシンの分解で、富士電機の技術を活かしていろいろな工夫が施されていることを確認。こだわりとチーム力でより質の高いものを生み出す姿勢や実行力を感じてもらう内容としました。

・危険体感教育
従来実施していた「安全への取り組み」の座学に体感教育をあわせ、安全と危険の両方を学ぶことで、労働災害を未然に防ぐという目的をより明確化。ヘルメットや脚立の正しい使い方を学び、感電や巻き込み体感、VRを活用した転落疑似体感などにより、安全への意識や危険回避能力がさらに高まるプログラムとなりました。

・生物多様性保全の取り組み(武蔵野の森)
生物多様生保全について、武蔵野の森(東京工場内)の活用を紹介。遊歩道の整備、巣箱の設置、花の植え付けなど現場を実際に見てもらい、またそれらの取り組みで地域の方々と連携していることを説明し、環境問題や地域貢献について考えてもらう機会としました。

次回は社員とのディスカッションやグループワークを増やし、教育現場で役立つ意見交換ができるよう、研修プログラムのブラッシュアップを図っていきます。

教育支援

■教育支援

技研究用教材の寄贈と感謝状受領研究用教材の寄贈と感謝状受領 富士電機インドネシア社では、12 月15 日、次世代育成支援活動の一環でダルマ・プルサダ大学に研究用教材として、電気の制御回路を学ぶためのトレーニングキット盤を寄贈しました。

教材は当社の現地代理店が富士電機製インバータや電磁開閉器などを組み込んで制作したものです。同大学は産業人材を育成する「ものづくり大学」として日系企業や行政との関わりが深い大学です。

富士電機は今後もこうした活動を通じた次世代育成支援および自社ブランドの浸透を図っていきます。

ページの先頭へ戻る