富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

CSRの取り組み次世代育成支援

富士電機では、科学技術の素晴らしさやものつくりの大切さを伝えるとともに、社会でどのように役立っているかを子どもたちに伝えていくために、社員が講師やサポートを担当して、小中学生向けの「理科教室」や教員向けの「理科実技研修」(東京都)、「職場体験・工場見学」(各工場)などの活動に積極的に取り組んでいます。

次世代育成支援活動テーマ

テーマ 活動内容 活動風景
理科教室 子どもの理科離れを背景に、科学技術の素晴らしさを子どもたちに伝えていくための活動です。

  【活動事例】
「手作りモータ製作」東京都墨田区(墨田区立言問小学校)
「ものつくり教室」三重県四日市(四日市教育委員会・地元中学校)
「自動販売機の出前授業」沖縄県那覇市
「親子ふれあい教室(工房)」沖縄県那覇市
「出前授業」マレーシア
「3Dプリンターでコマを作ろう」東京都江東区(江東区立第二亀戸小学校)
「技術者から学ぶエネルギーの今」(船橋市立三山東小学校・大田原市立大田原小学校)
手作りモータを体験手作りモータを体験
教員向け研修 企業と教育界のコミュニケーション促進の一環として、教員の企業研修の受け入れを行っています。先生方に、理科のおもしろさ、ものつくりの大切さを伝えるとともに、最新の技術動向などの情報を提供し、実際の授業に役立てていただくための活動です。

  【活動事例】
「教員の民間企業研修」一般財団法人 経済広報センター
「理科実技研修」東京都日野市(日野市教育委員会)
「JEMA理科セミナー」(品川区教育委員会など)
教員の民間企業研修教員の民間企業研修 日野市理科実技研修日野市理科実技研修
職場体験・工場見学 子どもたちにものつくりへの興味・関心を喚起する職場体験や、地域住民の皆様に、当社の技術・製品やさまざまな取り組みを伝え、当社を理解していただくための工場見学を実施しています。

  【活動事例】
「職場体験」 国内10拠点
「工場見学」 国内10拠点
中学生の職場体験 中学生の職場体験
キャリア教育 社会に出て職業人として自立していくために必要な能力や、働くことの意義や職業観を学び、仕事に対して意欲的に取り組む姿勢や態度を身につけることで、自分の進路を主体的に選択していけるように啓発する活動です。

  【活動事例】
企業講話(日野市立日野第四中学校)
中学生への職業講和 中学生への職業講話

2017年度のトピックス

理科教室

■理科教室
実験の様子実験の様子 教員の民間企業研修
教員の民間企業研修 表彰式
2017年8月17日、鴻巣市教育委員会後援の「子ども大学こうのす」と連携し、市内の小学校に通う4年生~6年生54名による理科教室を、当地区を会場に開催しました。普段は関わることの少ない学校も学年も違う仲間とグループを作り、話し合ったり工夫したりして、エネルギーをむだなく使うことについて考えてもらいました。保護者、関係者含め多数ご来場いただき、地元にある当設備技術センターを知ってもらう良い機会となりました。

川崎工場では社員13人が出前授業として、横浜市内の小学校5年生約80人を対象に、理科教室を実施しました。効率的な電気のつくり方をテーマに、水力発電の実験を通して発電の仕組みを学ぶ内容で、参加者はペットボトル製の羽根、モータにLEDを接続した水力発電装置を製作。実験を通して、いかに発電効率のよい装置をつくるか、真剣に考え取り組んでいました。実験後は社員と小学生らが一緒に給食を食べ、楽しい時間を過ごしました。

北海道富士電機では、札幌商工会議所が実施する、CSR活動に積極的に取り組む企業を讃える「CSR経営表彰」に選出されました。「地域・社会貢献」または「環境貢献」の2分野において、3年以上継続して顕著な取り組みを行っている企業が表彰されるもので、2011年より行っている近隣小学校への理科教室の出前授業が評価されました。今後もこの次世代育成支援活動を継続して実施し、地域社会に貢献します。

教員向け研修

■教員の民間企業研修

特例子会社で業務のデモンストレーション特例子会社で業務の
デモンストレーション
人材育成について意見交換自動販売機の分解作業振り返り
富士電機では理科離れ対策として、子どもたちを対象とした理科教室のほかに、教員向けにも研修を実施しています。

その一つとして、(一財)経済広報センター※が実施している「教員の民間企業研修」の受け入れをしています。

2017年度は、事業所近隣の東京都日野市などの小・中学校教員の10年目研修として、29名に参加していただきました。

最初に富士電機を知ってもらうために、ダイバーシティ、技能伝承やグローバル人材育成などについて当社の考え方や取り組みを紹介しました。

また、特例子会社の見学では、社員と直接ディスカッションする機会をつくったところ、「障がいを持つ子どもの卒業後がイメージできた。」と好評でした。

さらに、実際に自販機の分解をしてものつくりの工夫や努力、現場のリスク管理の対処法から徹底した安全の確保について学ぶことで、「自身の業務に置き換え、参考になった。」との声を多数いただきました。また、講義を聴くだけでなく、グループワークで意見交換しながら、将来の教育について考えてもらいました。

さまざまな企業活動の中で、多様な人材を受け入れ個々の特性を生かしながらチーム力で事業を行う当社の取り組みを通じて、学校運営や教育に生かせるヒントを持ち帰ってほしいと期待しています。

※一般財団法人)経済広報センター
経済界の考え方や企業活動について国内外に広く発信するとともに、社会の声を経済界や企業にフィードバックしている組織。

教育支援

■職業訓練校向け技術者育成支援(カンボジア)

技能五輪時技術セミナー講義の様子 カンボジアでは2017年11月、労働職業訓練省主催の技能五輪大会に対し全面的な協力を実施しました。

競技機材の提供に加え技術セミナーの開催、さらに受賞者に対する弊社タイ工場へのスタディ・ツアーを実施しました。ツアー参加者には製造ライン視察、設計手順やコンピテンシーについて学習をしていただきました。

今回の一連の協力が評価され、労働・職業訓練省から感謝状をいただきました。

■ハノイ工科大学への教育機材の寄贈(ベトナム)

エレベーターシステム エレベーターシステム  Luong Van Han(中央)Luong Van Han(中央) 2017年12月、ベトナムの技術系総合大学であるハノイ工科大学(以下HUST)へ、オートメーション技術を習得するために授業で使用する教育機器を寄贈しました。当社の主力製品であるインバータ、コントローラー、制御機器など最新の技術を組み合わせて製作したシステム機器(ミニエレベータシステム)4セットです。現在、シーケンス制御やプログラミングの習得に、授業や自習でフル活用されています。

ベトナムの経済は2017年度のGDPが6.81%を示す通り高い成長を持続しています。今後その経済を支えるためには、現地の技術者育成がさらに重要となります。しかしベトナムの高等教育機関は、HUSTですら教育機器の老朽化により満足な授業ができない状況だったのです。そこで、将来多くの技術者がベトナム社会で活躍してほしいとの思いから、今回の寄贈に至りました。

今回のプロジェクトで、HUSTとの対話を重ねるなど中心的な役割を果たした現地社員のHanはこう語ります。

「富士電機のインバータなど最新技術を搭載したエレベータシステムは、HUSTの研究施設にとって最もふさわしいものであることを確信しています。それは、授業やセミナーを受講した学生の真剣なまなざしを見ているとよくわかります。将来彼らの中から、素晴らしい技術者が出てくることを楽しみにしています。私はこのプロジェクトに注力したことを誇りに思っています。」

ページの先頭へ戻る