富士電機株式会社

IoTシステムソリューション

  • パワエレシステム
  • エネルギーソリューション
  • エネルギーマネジメント

大型蓄電池・VPPソリューション

需要家エネルギー管理とVPPで蓄電池のマルチユースを実現
※VPP(Virtual Power Plant):分散設置された蓄電池、自家発電などの需要家設備を用いて、仮想的な発電所を構築し、統合制御する技術。

この様な課題の解決に

  • 電力供給システムにおける蓄電池の有効活用、収益改善

導入メリット

  • 小売電気事業者様向け
    蓄電池RAシステムと需給調整システムの連携により、多数の需要家が保有する蓄電池を需給調整用電源として活用するVPPアグリゲーター機能を容易に拡充
  • 需要家様向け
    蓄電池によるピークカット、ピークシフト、電力安定化、企業の事業継続計画(BCP)への備えに加え、VPP収益による投資回収期間の短縮が可能

特長

効果

関連製品

ページの先頭へ戻る