制御分野での「実績」と「技術力」で、収益UPに貢献
富士アイティの出力制御

積み上げてきた経験、柔軟な対応力をベースに
出力制御に必要なすべてをワンストップでご提供

富士アイティが選ばれる理由

■各電力会社の対象エリアで豊富な実績

北海道電力、東北電力、北陸電力、四国電力、九州電力の出力制御対象エリアにおいて実績があります。中国電力、中部電力にも対応予定です。

■3つの出力制御ルールすべてに対応

「指定ルール」「新ルール」「旧ルール」すべてに対応。2021年1月から適用が開始された「ノンファーム型接続」など、新しい系統運用ルールにも対応予定です。

■発電所の特性に合わせきめ細かく対応

特高変電所の機器構成、発電所内のネットワーク構成、既存監視システムの影響などの特性をふまえ、最適なシステムを納入します。

■国内・海外のPCSに対応

国内製はもちろん、海外製のPCSにも対応。富士アイティがPCSメーカーへ直接仕様を確認し、出力制御を実現します。

■太陽光、風力、小水力にも対応

太陽光発電だけでなく、風力発電、小水力発電などにも対応する制御技術を確立。多種多様な再生可能エネルギー発電設備において力を発揮します。

制御の信頼性と収益UPを両立する出力制御を実現

出力制御コントローラの設置、電力会社との調整、PCS対応など、広範かつきめ細かな対応が必要な出力制御。遠隔監視制御の分野で実績のある富士アイティなら、そのすべてをお任せいただけます。私たちの確かなエンジニアリング技術をお役立てください。

■システム構成
システム構成:特別高圧発電所向け・高圧発電所向け/クラウドサービスで制御指示・実績確認/連系点電力をフィードバック制御し 発電ロスを最小限に抑制/電力会社からのスケジュールに基づき確実な出力制御を実現/機器の設置や環境構築から高度な制御技術まで、まるごとサポート

高圧発電所向け
出力制御コントローラ
マイクログリッドやスマートグリッド制御の経験から生まれたノウハウを最大限に活用し、コントローラを開発。連系点で発電出力を最適化することで、安定収益を生み出します。出力制御コントローラ

出力制御の見える化で、発電所の管理を効率UP

既存のインターネット環境を活用し、パソコンやスマホで発電状況を確認。さらに富士アイティのクラウド監視サービスを組み合わせて、出力制御によって抑制された電力量を見える化。発電量低下がトラブルによるものか、出力制御によるものかの判断ができるので、トラブルの早期発見が可能になり、トラブルによる停止時間が短縮され、売電量を最大限にできます。

■出力制御実施計画

出力制御の実施スケジュールと実績を確認可能

■帳票

出力制御により抑制された電力量(逸失分)の確認が可能

■イベント履歴

出力制御の実施状況を確認可能/出力制御の実施中は乖離度異常、発電低下警報は発報しない

見える化画面の詳細は、ソーラーコンシェルジュを参照ください。

【効果と実績】
出力制御コントローラを旧ルールの発電所へ後付け設置した場合

導入効果

●PCSの停止時間が最小限に
●早期発電ロス・日没前発電ロスを解消
●手動制御や現場駆けつけの手間を削減
●人的ミスを削減
●ペナルティリスクを解消

出力制御コントローラが有る場合:PCSを停止させること無く売電のロスは最小限

導入実績

旧ルール発電所の事業者様から依頼を受け、後付けで設置。莫大な効果を上げています。

導入事業者様
設備概要
■出力:25,362kW ■想定発電電力量:2,400万kWh/年(一般家庭7,000世帯の消費電力に相当)
■CO2削減量:14,000t/年(杉の木100万本の吸収量に相当) ■敷地面積:約29.5㎡(東京ドーム6.3個分)
■工事着手:2014年2月 ■運転開始:2015年5月

発電ロス解消!1日の出力制御で90,000~100,000kWh/日プラス/収益を最大化!単価40円の場合3,600~4,000(千円)アップ