発電ロスを抑え安定した売電収益の確保を強力サポート!
出力制御コントローラ

電力会社からの出力制御スケジュールに柔軟に対応
発電所全体のコントロールで発電量を最適化!

数々の経験から生まれたノウハウを最大限に活用し発電ロスを最小限に。

2017年4月施行の改正FIT法により、出力制御スケジュールへの対応が必須となりました。発電事業者さまからは「収入が減ってしまう」「投資リスクが高くなる」といった声があがっています。そういった不安を払しょくするために、富士アイティ の「出力制御コントローラ」をお選びください。マイクログリッドやスマートグリッド制御の経験から生まれたノウハウを最大限に活用し、連携点出力で制御を行うことで、常に変化する発電量に柔軟に対応。安定収益を生み出します。
出力制御コントローラ
■電力事業者から50%の出力制限指令がきた場合
個々の設備ではなく、全体の設備の状態を把握することで、日照時間のバラつきやパネル異常による出力低下を補正して発電量を均し、ロスをなくします。

電力事業者から50%の出力制限指令がきた場合
タッチパネルで操作は簡単。
リアルタイム監視やローカルからのスケジュール変更も容易に行えます。
 ■監視・実績画面例

監視・実績画面例

 ■パターン設定画面例

パターン設定画面例

関連製品