富士電機株式会社

マイクログリッド

概要

地域レジリエンスを強化するエネルギーマネジメントシステム(EMS)

  • 再生可能エネルギーを含む多様な電源と蓄電池より構成された独立系統において、エネルギーコスト削減を目的として、最適運用を実現するためのEMSです。
  • エリア内需要予測、再エネ発電予測を基に、各種運用制約を考慮し、運用コストが最小となる運転計画を立案します。
  • 離島など独立系統では、需給バランスを維持するために、ローカル制御と協調をとって、制御対象となる発電機や蓄電システムによる周波数制御を行います。

特長

蓄電池容量最適化:蓄電池容量を制限した場合の発電機・蓄電池協調制御
高効率運転:経済性を目的関数とした高効率運転
災害時運転:地域で独立した系統で自立運転
周波数制御:系統周波数が一定となるように発電機・蓄電池を制御(独立系統)

システム構成

システム構成

CEMS:Community Energy Management System(コミュニティ エネルギー マネジメント システム」の略で、地域やコミュニティのエネルギーを管理するシステム
DR(デマンドレスポンス):需要家側エネルギーリソースの保有者もしくは第三者が、そのエネルギーリソースを制御することで、電力需要パターンを変化させること
UC:需給運用計画
EDC:経済負荷配分
LFC:負荷周波数制御

関連ページ

ページの先頭へ戻る