富士電機株式会社

お役立ち情報

物流センター・倉庫に関する動向調査

物流センター・倉庫に関する動向調査

富士電機では物流センター・倉庫に関する動向調査を不定期に実施し、物流現場や倉庫作業の改善に役立つ調査データを公開しています。各物流センター・倉庫に関する動向調査の概要については詳細ページをご確認ください。業界動向の把握やお客様社内の今後の設備投資の検討材料などにご活用いただければ幸いです。

2021年実施の調査・レポート

物流・倉庫部門におけるDXに関する意識調査2021

物流・倉庫部門におけるDXへの取り組み状況に関する調査の2021年版。

主に製造業・卸売業・小売業他の物流・倉庫部門に従事している担当者を対象とし、DXの取り組み状況、組織体制の有無、物流倉庫現場のIT化状況などに関する調査を実施しました。

物流・倉庫部門における改善活動に関する動向調査2021

物流・倉庫部門における改善活動への取り組み状況に関する調査の2021年版。

主に製造業・卸売業・小売業他の物流・倉庫部門に従事している担当者を対象とし、取り組んでいる改善活動の手法・その効果有無などに関する調査を実施しました。

物流・倉庫部門における人手不足の実態調査

物流・倉庫部門における人手不足の実態調査。

主に製造業・卸売業・小売業他の物流・倉庫現場の役職者からの回答を中心に、物流倉庫の人手不足と、人手不足への対策に関する調査を実施しました。

物流・倉庫部門におけるIoT・物流システム利用動向調査(製造業編)

製造業を対象にした物流・倉庫部門におけるIoT・物流システム利用動向の2021年版。

製造業におけるIoT・物流システムの導入、IoT・ITデータ活用状況等に関する調査を実施しました。

2020年実施の調査・レポート

「物流・倉庫部門における改善活動に関する動向調査」

「物流・倉庫部門における改善活動に関する動向調査」は、物流・倉庫部門における改善活動への取り組み状況をテーマとした動向調査です。

本調査は物流・倉庫部門及び事業所従事者を対象とした調査です。業種は製造業・卸売業を中心とし、物流倉庫の現場でどのような改善活動を、どのような組織単位で取り組んでいるか、改善効果があったのか・なかったのか、継続させるための工夫など物流倉庫の改善活動に関する調査を実施しました。

「製造業におけるピッキング作業のデジタル化とデジタル機器の利用動向調査」は、富士電機が実施した「製造業におけるIoT/ITと物流システムの利用動向調査」において、 デジタルピッキングシステム/デジタルアソートシステムの利用状況に関する回答者を対象とした追加調査です。

ピッキング作業のデジタル化の動向に加えて、導入効果の有無やどのようなデジタル機器を利用しているのかなどに関する調査を実施しました。

「製造業におけるIoT/ITと物流システムの利用動向調査」は、製造業におけるIoT(Internet of Things)とITの活用状況をテーマとした動向調査です。

調査対象はIoTの導入・選定・情報収集等に関係する担当者を対象とし、今回は新型コロナウイルス感染拡大に伴うビジネス環境の変化とIoT/ITの利活用への影響についての設問も含めました。

物流・倉庫部門におけるDXに関する意識調査2020

「物流・倉庫部門におけるDXに関する動向調査」は、物流・倉庫部門におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組み状況に関する調査です。

調査対象は、製造業・卸売業・小売業他の物流・倉庫部門に従事している担当者を対象とし、DXの取り組み状況、組織体制の有無、物流倉庫現場のIT化状況などに関する調査を実施しました。

2019年実施の調査・レポート

「人手不足の実態と物流システムに関する調査」は、製造業・卸・小売業における人手不足とITの活用状況をテーマとした動向調査です。 調査対象は、 製造業、卸・小売業に 所属している担当者を対象とし、人手不足の実態、ITの活用状況と物流システムに関連した調査を実施しました。

「働き方改革・生産性向上に関する調査」は、製造業における働き方改革・生産性向上に関する取組状況と、IoT/AI に関する利用動向をテーマとした動向調査です。 調査対象は、調査現在、製造業に従事しており、物流業務に関連がある部門に所属している担当者を対象とし、働き方改革・生産性向上に関連した調査を実施しました。