富士電機株式会社

サイトメニュー

特長

高速演算

機械制御に十分なシーケンス演算性能、また高まるデータ処理に対応します。最小命令実行時間は、基本命令が0.3μs、応用命令が0.87μsで、クラス最高の性能を実現。機械システムの生産能力に貢献します。

位置決め機能

200kHz、4軸のパルス出力に対応。高まる高機能、高精度な位置決めに対応できます。※

Positioning function

※高機能タイプ基本ユニットにて対応可能です。
14点出力タイプは3軸まで対応できます。

用途に応じた2種類の基本ユニット

サーボシステムと接続し、位置決め制御に向いた高機能タイプ基本ユニット(形式:NA0PA)、サーボシステムは使われない一般機械の制御に向いた、標準タイプ基本ユニット(形式:NA0PB)の2種類の基本ユニットを用意しました。用途に応じて使い分けが可能です。

豊富な通信機能

基本ユニットに小型のボードを装着することにより、RS-232C、RS-485、Ethernetの通信ができます。また左側増設ユニットによっても通信機能を実現できます。

用途に応じたプログラミングツール

2種類のプログラミングツールを選択できます。プログラミングツールには、PLCの国際規格であるIEC61131-3に準拠したExpert、ラダー言語が中心のStandardの2種類があります。また制御用途に応じてFB(ファンクションブロック)を用意しました。

大容量メモリ内蔵

機能システムの高機能化、データ処理の増加に伴い、プログラムとデータメモリを大容量化しました。

機種 メモリ容量
プログラム データ
14点 8 k steps 20 k words
24点
32点 20 k steps 40 k words
40点
60点

モニタッチ接続機能

プログラマブル表示器モニタッチをローダポートを経由して接続可能です。特殊な通信ユニットを必要としません。

MONITOUCH connection function

Web接続機能

PCからWebブラウザを使用し、データの読み書きが可能です。

Web connection function

ロードセル対応

計重・計量システム、タンクスケールなどに使われるロードセルに対応したユニークなモジュールを用意しています。セメントプラントなど幅広い分野に適用できます。

カレンダ機能を標準サポート

機械システムの監視に必要なカレンダ機能を標準でサポートしています。