船舶・港湾ソリューション
船舶IoTシステム

自動データ収集により、EGCSの状況を常時監視。早期トラブル対処、効率的な運用管理を実現。

船舶IoTシステムとは

排ガス浄化システム(EGCS)の状態を「見える化」すると同時に「異常予兆診断」でCBM(注1)を可能にします。これによりメンテナンスのタイミングを最適化できるサービスです。また、異常発生時に迅速な対応が可能となるプラットフォームを構築します。

注1

Condition Based Maintenance

EGCSの状態を一元管理できる

船舶の状態の「見える化」

EGCSの状態の「見える化」

異常予兆診断によるCBM

異常予兆診断によるCBM

塵埃の侵入防止

異常発生時の迅速な対応

EGCS異常予兆診断

※2

Trouble Shooting 連携

※3

Onboard Monitoring Manual 連携

よくある課題

船舶管理において、このような経験はありませんか?

船の運航状態は訪船しないと分からない

船の運航状態は訪船しないと分からない

乗組員の報告がないと、船の稼働状況がわからない。訪船して初めて知る事実もあったり・・・

トラブル発生時はメールで現状把握

トラブル発生時はメールで現状把握

トラブル状況のやりとりはメール。追加で欲しい情報や、機器の状態などは写真を撮って連絡。状況把握のメールだけで手一杯・・・

急な機器故障で運航が困難な状態

急な機器故障で運航が困難な状態

重要機器が故障すると計画通り運航出来ない可能性あり。急な復旧作業で慌ただしく作業。未然に防げていれば・・・

富士電機「船舶IoTシステム」で全て解決

IoTを活用することで、充実したアフターサービスを提供。

リアルタイムに船を監視

リアルタイムに船を監視

船が世界中どこにいても、最新の稼働状況を陸上で監視できます。港に寄港する前に必要な備品の準備も可能。

トラブルの状況をリアルタイムに共有

トラブルの状況をリアルタイムに共有

Operation and Maintenanceサービスアプリケーションでトラブルシューティング。

機器故障を未然に予防

機器故障を未然に予防

異常予兆診断でトラブルを回避。トラブルが発生時期を予兆してメンテナンス時期と方法を提案。

富士電機「船舶IoTシステム」の特長 EGCS異常予兆診断

EGCSを構成している機器の異常予兆診断が可能。複数のパラメーターの相関関係を分析することで異常を予兆(MSPC)。
当社データ解析実績:15分野 500件以上

EGCS異常予兆診断

導入後の効果

  • アラーム発生時に一次ガイダンスを自動送信 (アラーム内容、トラブルシューティング)

  • 当社技師が機器の稼働データをリアルタイムで確認してアドバイス

導入前

導入前
  • 本船の稼働データを受領してメーカーに連絡

  • 情報が不足すると、メールのやりとりが増加

  • 問題解決まで時間がかかる

ar

導入後

導入後
  • 本船の稼働データは自動でクラウドにアップデート

  • リアルタイムにデータの確認が可能

  • アラーム発生時には、一次メールを自動送信

  • 当社技師によるタイムリーなサポート

ご利用の流れ

お問い合わせ

導入のご相談からご検討まで、お気軽にお問合せ下さい。

  • お問い合わせ先:パワエレ営業本部 社会ソリューション統括部 営業第一部

  • 電話番号:03-5435-7039(受付時間:平日 9:00~17:00)

導入のご提案・お見積り

導入をご希望の対象船の情報(旗国、監視対象機器)をご連絡いただけましたら、船内LAN構築(オプション)も含めてご提案とお見積りをさせて頂きます。

契約・現地工事計画

ご契約頂きましたら、本船の帰港時に現地工事を実施いたします。作業日数:1日

利用開始

現地工事完了後、サービスをご利用いただけます。運用に当たりご不明な点については、当社技師がサポートいたします。