健康経営について

富士アイティ健康経営の理念・方針

富士アイティ株式会社は社員がいきいきと仕事に取り組み、お客様へ確かな製品をお届けするために、健康保持・増進に取り組んでいます

富士アイティ株式会社は、情報制御とコンポーネントや通信技術のコア技術を強みにハードウェアとソフトウェアを組み合わせ、お客様の企業価値を高める情報制御システム・エンジニアリングサービス・ICTソリューションを提供しています。
当社の経営理念「お客様の高い信頼を得て、企業の永続的繁栄と社員の幸福をもたらす基本は、活力にあふれ、より高い技術と目標に挑戦する人であり集団である」の実践に向けた施策の一つとして、健康経営に取り組んでいます。
社員一人ひとりが心身ともに健康で、豊かな人生を送ることで、新たな発想を生み出し、自らの技術を磨き上げ、お客様へ最適なソリューションをお届けできると考えるためです。
富士アイティでは、社員・家族の生活の基盤である健康をより一層推進すべく「健康経営」をスタートさせ、心身ともに健康でいきいきと働くことができる職場環境づくりを行っています。
健康宣言書

健康経営の目的・体制

当社における健康経営の推進体制は、社長が健康経営推進最高責任者となり、人事部門・労働組合・産業医をはじめとする医療スタッフ・富士電機健康保険組合が連携し、各種施策を企画して審議、実施する体制としています。健康経営推進最高責任者は、全社員を集めた経営方針を説明する場において、健康経営の理念・方針を経営トップ自ら伝達し、理念の浸透を行っています。

経営トップを含む各事業責任者、人事部門、労働者代表は「ワークライフバランス推進委員会」を組織し、当社における健康課題の共有と健康増進施策の審議を行い、社員へ施策内容を発信することで社員の健康に対する意識醸成と、健康経営の継続的改善に取り組んでいます。活動を継続して社員の健康に対する意識醸成を図り、心身ともに健康な人材に育てていくことが、お客様が求める製品・サービスを提供する企業活動の基礎であり、企業の成長を支える手段であると考えるからです。当社では、社員の平均年齢の高まりとともに治療と就業を両立する社員が増加しつつあります。疾病やメンタル不調に陥った際に向き合い対処するだけではなく、未病の状況から社員の健康維持・増進に対して働きかけを行い、社員一人ひとりのヘルスリテラシー向上を支援していきます。

「いきいきと仕事に取り組む」富士アイティの社員が、お客様企業の価値向上に寄与するIT技術を提供することで社会の課題を解決させていただきながら、事業の持続的成長を目指してまいります。

体制

健康課題とKPI

富士アイティ株式会社の健康課題は以下、4つです。それぞれの課題に対してKPI(Key Performance Indicators)を設定し効果を測定しています。

助け合う風土の醸成と健康増進, 仕事の活力創出を目指した労働時間の適正化, 医療費の縮減に向けた生活習慣病予防, 将来の健康リスク低減を目指す運動の習慣化

助け合う風土の醸成と健康増進

富士アイティ株式会社における仕事の特徴は、一気通貫のシステムソリューションにあります。当社のシステムエンジニアは仕様決定から制作・試験までの工程を単独、あるいはチームでシステム開発の全工程を担います。

一般的にシステムエンジニア職種の特徴としてお客様の要求に合わせて期限までにシステムを完成させなければならないことや、ミスをしてしまったときには対象とする組織の大きさによっては甚大な被害を発生させてしまうことから長時間労働や過重労働となるリスクがあるといわれています。
そこで富士アイティでは、日々自身の抱えるタスクの共有・社員相互で助け合う風土を醸成する施策を実施し、業務品質・効率を高めるとともに社員の心身の健康増進を図り、良好なパフォーマンスを発揮できる環境づくりをしています。

TOC(制約理論)に基づく朝会の様子

TOC(制約理論)に基づく朝会の様子

仕事の活力創出を目指した労働時間の適正化

社員一人ひとりの置かれている環境はさまざまです。単身世帯や育児・介護と仕事を両立している社員など。 「仕事と仕事以外の生活の両立支援」を実践するために時間外労働の縮減・休暇取得促進を地道に継続し、労使で協議しながら制度や風土改善を行っています。 働くときは働き、休むときはしっかり休むというメリハリのある働き方を推奨し、会社施策として労働時間の適正化に取り組むことで、仕事へ向かう意欲創出と健康な身体づくりを目指しています。このことで、各社員が能力を最大限発揮できる職場環境づくりと労働生産性損失の極小化を図ります。

health_work_tekisei.png

将来の健康リスク低減を目指す運動の習慣化

毎年実施している定期健康診断時に行っているアンケートで、2018年度に85%の社員が運動不足であるという結果がでました。また、社員の高齢化とともに有所見率が上昇傾向にあることが課題となっています。 健康なからだをつくるためのアプローチは「バランスの良い食事」「質の良い睡眠」など運動に限らずさまざまですが、社員が退職後も含めた長い人生を健康的に過ごすことを願い、まずは運動の習慣化に注力し対策を実行しています。

health_exercise.png
※運動不足の定義
1週間に30分以上の運動を2日以上行っているかの設問に、「行っていない」と回答した社員

医療費の縮減に向けた生活習慣病予防

20歳~60歳台の社員が在籍し、日々企業活動を実行していますが、それぞれの年代・ライフステージ・個人別に健康課題は異なります。 会社は健康保険組合と連携し、社員と家族が健康でいることについて様々なサポートを行っています。

  • 特定健診・特定保健指導
  • データヘルス計画に基づく各種施策(重症化予防・生活習慣病重症化予防ほか)
  • がん検診
  • 健康情報の教育・発信

社員には、健康なからだをつくる基礎として各自で運動習慣目標を立て実践してもらうとともに、「運動プラス1」として運動習慣以外の各自の健康課題への生活習慣改善目標を宣言してもらい、会社と目標共有しています。会社は目標達成に向けた環境づくりを担い目標達成に向けた支援をしています。 会社は、上記に加えて「高リスク者(高血圧・脂質異常・高血糖)に対する積極的介入」の取り組みを2020年度にスタートし、要医療者のサポート強化と有所見率の低減を目指します。

以 上
富士アイティ株式会社