富士電機株式会社

食品工場ソリューション

遠隔作業支援パッケージ

食品工場の点検・保全作業の人材不足の解消、管理工数の削減、設備故障からの復旧時間を最小化します

遠隔作業支援パッケージ

 食品工場の生産現場を支える保守・保全業務においては、品質維持のために専門的な技術と知識をもった作業員の存在は欠かせません。それにもかかわらず経験豊富な人材の不足、技術の伝承などの課題に直面しています。

こうした現状を解決するのが、隔作業支援パッケージです。遠隔地の現場状況をリアルタイムで把握し、作業の指示や支援を行うことができるスマートグラスです。

食品工場の現場作業支援・保全作業に課題はありませんか?

  • 点検品質のバラつきをなくしたい
  • 熟練者が少なく点検・巡回に時間がかかる
  • 生産設備の故障に対応できる人材がいない
  • マニュアルによるメンテンナンスは難しい
  • 設備が多すぎて、知識が追いつかない
  • 保全マニュアルを作るのに時間がかかる
  • 点検作業のペーパレス化を進めたい
  • 工場視察・監査を少人数で行いたい
  • 保全に関する出張費・人件費を抑えたい
  • ダウンタイム・普及時間を最小化したい
  • 新任者の教育を遠隔で行いたい
  • 保全・監査等のノウハウを蓄積したい

遠隔作業支援のシステム化による3つのメリット

遠隔作業支援システム導入メリット1

熟練者のノウハウをデジタルで記録・保存。OJTで技能伝承も。

保全業務のノウハウをすべてマニュアル化するのは簡単ではありません。また、必要な個所を探したり、適切な情報を選ぶにも知識が必要です。

遠隔作業支援システムは熟練者の動画やマニュアルなどをスマートグラスをとおして見ながら保全作業が可能になります。

スマートグラスを活用することで、熟練者とのOJTも容易になり技能伝承をサポートします。

遠隔作業支援システム導入メリット2

現場遠地視察をオンラインで可能に。効率化とコスト削減を実現。

必要な保全業務の知識を持つ人材は限られます。このため各拠点の保全・監査巡回待ちといった状況がおこります。

また、新型コロナウイルスなどの感染病など影響により移動が制限され、十分な保全業務・監査ができない場合もあります。

遠隔作業支援システムを利用することで、遠地工場でも保全・監査が容易になり、移動時間や出張コストを削減できます。

遠隔作業支援システム導入メリット3

生産設備の急な故障も、リモート作業で対応。復旧時間を短縮。

生産設備が故障した場合、復旧時間の短縮は重要です。復旧時間が長いほど機会損失が発生するためです。

遠隔作業支援システムを導入することで、技術者が故障現場に移動しなくても、リモート作業で対処ができます。

スマートグラスを活用することで状況を正確に把握できるようになり、結果として復旧時間を短縮することができるようになります。

食品工場の現場作業・保全作業支援を実現する遠隔作業支援パッケージ

遠隔作業支援パッケージ 活用イメージ
産業用スマートグラス

 遠隔作業支援システムは遠隔地の現場状況をリアルタイムで把握し、作業の指示や支援を行うことができるスマートグラスです。

作業員がスマートグラスを装着することで、遠隔から映像を見ながら作業指示を伝えることができます。

現場では手順書を見ながらハンズフリーで作業可能で、さらに音声や動画によって作業を記録することもでき、保守・保全作業の負担を軽減します。

人材育成や人手不足などの課題に応え、これまでの働き方を変えるとともに業務の効率化を実現し、作業品質の向上、コスト削減にも貢献します。

導入実績・導入事例

 製造業をはじめ医療、化学、電力など広範囲の業種・業態で遠隔作業支援パッケージをご利用いただいております。

  • 工場内の点検作業効率化
  • 地方工場への遠隔支援
  • 海外工場との遠隔支援
  • 点検業務効率化、緊急時支援
  • 製造ラインと設備保守の効率化
  • 現場状況把握、指示支援、電源設備点検
  • 工場内巡回保守

遠隔作業支援パッケージの特徴

遠隔作業支援パッケージの特徴イメージ

スマートグラスを活用した遠隔作業の支援

現場作業を遠隔でサポートすることで、大幅な作業の効率化と作業品質の維持、向上を実現します。

スマートグラスにより作業をリアルタイムで共有、遠隔地にいても本部から的確な指示ができます。

映像、音声、図やテキストを利用でき、映像の上から描画指示もできるので、正確な指示ができます。

熟練技術者のノウハウや知識を、スマートグラスを通じて共有できます。

遠隔作業指示/クラウドシステムへの現場作業記録

手順書を確認しながらハンズフリーで作業が可能。音声・映像によって作業記録を現場で同時に作成。

スマートグラスを活用することで、手順書や資料、過去の作業記録などのデータや映像を確認しながら作業ができます。

音声・映像によって現場で点検結果や作業結果を記録でき、作成したデータの一元管理ができます。

作業実績管理/技術伝承

作業記録をデータとして保存管理することで、熟練作業員の技術やノウハウの伝承も容易にします。

熟練作業員の作業を動画で蓄積でき、技術やノウハウの伝承をデジタル化。人材育成にも有効です。

作業現場の実際の動画により、海外などへの作業指導に活用可能です。

過去の実績を確認する場合も、サーバに保存された実績のデータを作業現場で随時閲覧できます。

遠隔作業支援パッケージの主な機能

遠隔作業支援パッケージの主機能イメージ

遠隔作業支援機能

本部・現場間の双方向通信で会話・カメラ映像の共有機能

共有映像の録画機能

同時接続機能:現場1対本部3

有期間ワンタイムパスワードで一時参加を可能(オプション機能)

遠隔作業指示/作業記録機能

作業内容を順次投影し、作業結果を音声と写真撮影で記録

作業指示・QRコードで呼び出し機能

作業指示が投影・読み上げ機能

写真撮影機能/動画撮影機能

オフライン音声認識機能(オプション機能)

作業実績管理/技術伝承機能

各種管理機能

設備管理機能:作業指示の対象設備の構築機能

作業指示作成機能:チェックする作業内容を対話式、または一括登録で構築する機能

実績データ管理:遠隔サポート機能

作業指示・記録機能で記録した実績データの閲覧、出力機能

スマートグラスによる音声操作・記録機能

音声で結果を入力でき、同時に撮影も可能

合否の記録

数値入力(オプション:アルファベット、数字、記号入力)

任意のタイミングで写真撮影、ズームイン/ズームアウトが可能

スマートグラスに表示されるヘルプ機能

これまでは作業を止めて手順書の記載内容を確認したり、不明確な作業は別の資料を探したり、ベテラン作業員に問い合わせ確認する必要がありました。スマートグラスをハンズフリーで使えることで、手順書に登録されている映像や画像により作業方法を簡単に確認できます。

遠隔作業支援パッケージ システムの操作・利用のデモ動画

遠隔作業支援パッケージ の操作・利用のデモ動画。点検やトラブル発生時を想定したデモで、スマートグラスを装着した作業員と管理本部のやり取りするイメージをご確認いただけます。

遠隔作業支援パッケージ システム構成イメージ

サポート体制

 世界約20カ国におよぶ120以上の拠点で世界中のお客様に製品をお届けし、グローバルネットワークを活かしながらサポートを行っています。

コールセンターでは、24時間・365日フルタイムで、お客様からの障害発生連絡に迅速に対応し、また納入製品全般にわたる技術相談やリモートメンテナンスの対応を行います。全国各地のサービス拠点からメンテナンススタッフが駆けつけます。

価格・導入費用

価格・導入費用については別途お問い合わせください。

食品工場の保全作業の効率化する遠隔作業支援パッケージのご提案

食品工場の課題解決(予知保全、省エネ、品質改善、生産性向上)をどのように行えばよいかお悩みになっていませんか。

製造業向けに製造活動を支える設備機器、IoTシステムや制御システムを数多く提供、その実績をベースとし食品製造業にIoT活用・ 生産性向上・スマート工場化を支援するためのシステム&リューションを提供しています。

食品工場ソリューション 遠隔作業支援システム に関するお問い合わせ・見積依頼・デモ依頼は下記フォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。