富士電機株式会社

headimage

富士電機は1965年に日本初の商用原子力発電所となる東海発電所(ガス炉)を建設しました。その後、開発炉、燃料製造設備などの設計製作に携わり、原子燃料サイクル開発の一翼を担ってきています。3つのコア技術を活用してCO₂を出さないクリーンエネルギーである原子力の利用拡大と原子燃料サイクルの確立に日々大きく貢献しています。

3つのコア技術

トピックス

2018年 6月
2018年7月3~4日「第7回環境放射能除染研究発表会」へ出展します。
   (会場:東京都江戸川区 タワーホール船堀)
2018年 5月
弊社、川崎工場にてラボスケールの混錬デモが可能になりました。
ご視察希望の方は問合せ窓口までご連絡下さい。
2018年 2月
「先進固化技術(ジオポリマー)」ページに動画を掲載いたしました。
2017年 10月
「RADIEX2017」の出展を無事完了しました。
 ご来場頂きありがとうございました。今後とも一層のご支援をよろしくお願い致します。
2017年 9月
2017年10月18日、19日、20日RADIEX展へ出展します。
2017年 8月
日本保全学会第14回学術講演会(8月2日~4日)の企業展示へ出展します。
(会場:愛媛県 ひめぎんホール)
2017年 7月
第2回福島第一廃炉国際フォーラムにおける技術・ポスターセッションが無事に完了しました。
ご来場頂きありがとうございました。今後とも一層のご支援をよろしくお願い致します。

品質・環境、人材育成

  • 品質と環境を両立させた取組みと,グローバル化に向けたASME NQA-1の構築
    ISO9001(品質管理システム)の認証とISO14001(環境管理システム)の認証とを取得し,品質と環境を両立させた取組みと,ASME NQA-1の品質マネジメントシステムの構築を行なっています。
  • 原子力事業に携わる企業の一員として、継続的に原子力安全文化の醸成を図るとともに、
    原子力の安全性向上を実現するため、優れた技術力の維持と人材育成に重点的に取り組む。

お問い合わせ