富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • グループ情報
  • 総合製品情報
富士電機機器制御株式会社 印刷 サイトマップ English
富士電機機器制御株式会社 製品情報

自動力率調整器
QCシリーズ
ブックマーク登録

特長

QCシリーズ

多機能形の自動力率調整器です。用途や目的に合ったコンデンサ制御を選択できます。また、110V、220Vのどちらにも使用可能です。

電力損失の低減

進相コンデンサを設置し、力率が改善されると線路電流が減少し、電線中や変圧器巻線中の抵抗による電力損失が減少します。

受変電設備の有効利用

進相コンデンサを設置し、力率が改善されると線路電流が減少し、変圧器容量や電線に余裕ができます。
このため設備の増設をすることなく負荷の増設が可能となり、電気設備の有効利用ができます。

電圧の安定化による機器の高寿命化

無効電力、特に軽負荷時(夜間など)の進み無効電力により過電圧となるケースがよくあり、ランプ類の寿命を縮めるなど弊害が発生します。
自動力率調整器の設置により、重負荷時の電圧低下および軽負荷時の電圧上昇を抑制します。

コンパクト

DINサイズで盤加工が容易、軽量化により作業性がアップしました。


QC06A形
close
▲ 開く
ページTOPへ
ページTOPへ