富士電機株式会社

蒸気用超音波流量計

世界初

クランプオン式で
飽和蒸気の流量計測を実現。
変換器形式:FSJ
検出器形式:FSX

蒸気流量の「見える化」に貢献し、EMSと連携することでエネルギーの最適化を行い、省エネを支援します。

  • 配管工事不要のため蒸気ラインを止めずに設置可能
  • 圧力損失がなく蒸気エネルギーを有効活用
  • 可動部がないためメンテナンス費用の低減が可能

機器構成

機器構成

特長

工事不要

配管を切断せずに取付が行え、フランジ加工も不要です。工事不要のため、製造ラインを止めることなく設置でき、蒸気モレの心配もありません。

工事不要

圧力損失ゼロ

センサが蒸気の流れを妨げない配管外付けタイプにより、圧力損失がありません。

圧力損失ゼロ

メンテナンス費用低減

可動部がないため、清掃等の定期的メンテナンス費用を低減できます。

低流量から測定可能

他方式の蒸気流量計では測定できない低流量が測定可能です。超音波流量計は流量0から測定できます。

低流量から測定可能

質量流量へ換算が可能

測定した体積流量測定値と密度(固定値)入力によって、質量流量への換算や出力ができます。また、飽和蒸気の圧力(DC4~20mA)や温度(測温抵抗体)を測定し、外部信号(AI)で入力することで、密度補正を行うこともできます。

正確な流量測定

ノイズ除去フレームによるノイズの低減

耐熱性ゴムのノイズ除去フレームを配管表面に巻くことで、ノイズを低減させ、超音波信号を正確に捉えることができます。

ノイズ除去フレーム

配管断面図

  

独自のデジタル信号処理による計測障害の低減

独自のデジタル信号処理により、管内の飛沫による計測障害を低減できます。

計測障害の低減

主な仕様

 (詳細な仕様については仕様書で確認をお願いします)

項 目 仕 様
取付方法 クランプオン式
測定流体 飽和蒸気
測定方式 伝搬時間差方式
測定流速範囲 0〜±50m/s
精度 必要直管長(上流20D以上・下流10D以上)の場合
流速0〜10m/s:±0.3m/s(50A), ±0.4m/s(65, 80, 100A)
流速10超〜30m/s:±3% of rate(50A), ±4% of rate(65, 80, 100A)
流速30超〜50m/s:±5% of rate
必要直管長 上流20D以上・下流10D以上
配管材質 鋼、ステンレス
配管口径 50mm, 65mm, 80mm, 100mm
配管肉厚 2.8〜4.5mm
流体温度 120〜180℃
流体圧力 0.1〜0.9MPa(G)
湿り度・飛沫 湿り度0%、飛沫なし
入力(質量流量換算用) 電流入力(DC4〜20mA)1点:圧力測定用
測温抵抗体入力(Pt100)1点:温度測定用
出力 電流出力(DC4〜20mA)1点
接点出力2点
通信 RS-485
電源・消費電力 AC100〜240V, 20VA

  諸条件により測定できない場合もあります。

超音波流量計 一覧

蒸気用超音波流量計FSJ形

蒸気用超音波流量計FSJ形

飽和蒸気流量をクランプオン式で、±3% of rate の高精度で測定。 配管工事が不要のため、蒸気ラインを止めずに設置が可能です。

スプール形超音波流量計FST形

スプール形超音波流量計FST形

検出部に取付けた3対のセンサにより、様々な液体流量を±0.2% of rateの高精度で測定。
国際防爆認証を取得している防爆形も用意。

ポータブル形超音波流量計(Portaflow-C)FSC形

ポータブル形超音波流量計(Portaflow-C)FSC形

配管内へ流れている液体流量を非接触で高精度測定します。ハンディタイプなのでフィールド各点の流量測定に最適です。

超音波流量計(TIME DELTA-C)FSV形

超音波流量計(TIME DELTA-C)FSV形

配管内へ流れている液体流量を非接触で高精度測定します。φ13~6000mmの配管口径に適用できます。

超音波流量計(機能拡張タイプ)FSV形

超音波流量計(機能拡張タイプ)FSV形

配管内へ流れている液体流量を非接触で高精度測定します。消費熱量演算、2系統配管測定、1配管2測線測定が可能です。

超音波流量計(M-Flow PW)FLR形

超音波流量計(M-Flow PW)FLR形

配管内へ流れている液体流量を非接触で測定します。φ25~1200mmの配管口径に適用できる小形サイズの変換器です。

空気用超音波流量計FWD形

空気用超音波流量計FWD形

配管内へ流れている空気流量を測定します。配管口径はφ25~φ200mmまで適用できます。

ページの先頭へ戻る