富士電機株式会社

「は」行 | 用語集

非直結方式(ひちょっけつほうしき)

モータ軸と機械(負荷)側軸にプーリ・スプロケットなどを取り付け、ベルト・チェーンなどを介して動力を伝達する方式です。

ページの先頭へ戻る

プルアップトルク(ぷるあっぷとるく)

誘導機における、定格電圧・定格周波数を印加した状態で、モータが停止状態から最大トルクを発生するに至るまでの間における軸端に発生するトルクの最小値のことです。また最小トルクともいいます。

参考

ページの先頭へ戻る

防食形(ぼうしょくがた)

腐食性の強い物質が存在するところで使用するためのモータ保護構造のことです。
また、JEM技術資料118号にて種類と構造・選定基準が定められています。

防食形の種類と構造(JEM技術資料118号)

種類 1種
強度の腐食条件に適応するもの
2種
中程度の腐食条件に適応するもの
3種
軽度の腐食条件に適応するもの
外被構造
※1
全閉(外扇)形 全閉(外扇)形または開放形 ※3 全閉(外扇)形または開放形 ※3
主要部 鋳鉄に防食塗装
厚鋼板に防食塗装
ステンレス
耐食樹脂
鋳鉄に防食塗装
厚鋼板に防食塗装
(めっきまたは防食塗装等)
耐食樹脂
アルミ合金鋳物に防食塗装
一般用全閉(外扇)形に防食塗装
補助部
※2
鋼板に防食処理(めっきまたは防食塗装等)または主要部に記載の材料
ボルト類 ステンレス 普通鋼材に防食めっき
  • ※1 屋外使用の場合は屋外形とする。ただし、1種の場合は、一般に屋外使用とする。
  • ※2 部分的に腐食しても運転上、安全上支障なく容易に補修できる部分をいう。
  • ※3 2種および3種の場合に、開放型は原則として400フレーム以上に適用する。なお、開放型を適用する場合は、当事者間で協議する。

腐食性物質・使用環境の種類とモータの選定基準(JEM技術資料118号)

モータの種類 1種 2種 3種
腐食性物質 ガス 亜硝酸ガス(NO2)
亜硫酸ガス(SO2)
塩素ガス(Cl2)
塩化水素ガス(HCl)
5ppmを超える ※5 0.3~5ppm 0.3ppm未満
硫化水素ガス(H2S)
二硫化炭素(CS2)
10ppmを超える ※5 0.6~10ppm 0.6ppm未満
アンモニアガス(NH3) - 100ppm未満 100ppm未満
ミスト 塩酸ミスト(HCl)
硝酸ミスト(HNO3)
硫酸ミスト(H2SO4)
10mg/cm3を超える ※5 0.3~10mg/cm3 0.3mg/cm3未満
塩酸(HCl) ※4
硝酸(HNO3※4
硫酸(H2SO4※4
苛性ソーダ(NaOH) ※4
時々降りかかる 時には濡れることがある
食塩水(NaCl)
アンモニア水(NH4OH)
常時濡れているがまたは頻繁に降りかかる 時々降りかかる 時には濡れることがある
場所選定の目安
  • 海浜重化学工業の屋外プラント
  • 通風換気の良くない腐食性物質を取り扱う屋内プラント
  • 眼,鼻,のどを刺激し,保護具なしで作業できない
  • 建屋の腐食が激しく年に数回補修塗りをしている
  • 化学工場,製鉄工業などの屋外プラント
  • 通風換気の良い腐食性物質を取り扱う屋内プラント
  • 時には刺激を感じるが常時保護具なしで作業できる
  • 建屋の腐食は激しくなく,塗装間隔は,半年~1年程度
  • 重工業地帯の屋外で,風雨に直接さらされない
  • 通風換気の良い激しい腐食性物質のない屋内プラント
  • 風向きによっては,酸味臭,アルカリ臭を感じることがある
  • 建屋には赤さびはほとんどみられず,塗装間隔は1~2年程度
  • ※4 強酸・強アルカリで、常時湿潤しているところ又は頻繁に降りかかるところには、電動機は設置しないのを原則とするが、やむを得ず設置する場合は、使用者と製造者の協議により仕様を決定する。
  • ※5 超過の程度が特に激しい場合は、使用者と製造者で打ち合わせて仕様を決定する。

防爆形(ぼうばくがた)

爆発性雰囲気の中で使用するためのモータ構造のことです。

防爆形電動機の種類(国内規格による)

対象 ガス・蒸気 粉塵
電動機の種類 安全増防爆 耐圧防爆 内圧防爆 普通粉塵防爆 特殊粉塵防爆
適用 第2種場所 第1種または第2種場所 可燃性粉塵 可燃性または爆発性粉塵
構造の概要 運転中・拘束時の温度制限、裸充電部沿面・空間距離、接触防止などにより安全度を増したもの。 機体内部のガス爆発圧力に耐え、また外部の爆発性ガスに引火の恐れがない構造のもの。 機体内部に清浄な空気を圧入し、機体内部に爆発性ガスの侵入を防ぐ構造のもの。 粉塵が内部に侵入しにくい構造のもの。 粉塵が内部に侵入しないような構造のもの。
構造の規格 防爆構造電機械器具検定規則
工場電気設備防爆指針(ガス蒸気防爆-2006)
工場電気設備防爆指針(防塵防爆-1982)
標準防爆記号 eG1~eG3 d2G4(すべり軸受付きのとき
d1G4)
fG1~fG4 DP SDP
温度上昇限度 外表面
爆発性ガス発火度 G1 G2 G3 G4 G5
温度上昇限度[K] 320 200 120 70 40
発火度 11 12 13
温度上昇限度[K] 150 105 70
巻線 一般用規格値
-10℃
一般用規格値と同じ          ー  
かご形の場合の
非防爆形との
主な相違点
温度上昇、端子箱、回転子の許容拘束時間と温度上昇※1 外被強度、錠締、端子箱、接合面粗さ、奥行、回転軸貫通部 内圧保持のための加工と内圧検出、端子箱※2 接合面粗さ、奥行、回転軸貫通部
  • ※1 安全増防爆型の許容拘束時間に対する温度上昇限度は、下表によります。
  • ※2 内圧は0.05kPa(約5mmAq)以上周囲より高いこと。
巻線の種類 耐熱クラス 温度上昇限度[K]
G1 G2 G3 G4 G5
固定子および絶縁した回転子巻線 E 135-θ 135-θ 135-θ 85-θ 50-θ
B 145-θ 145-θ 140-θ 85-θ 50-θ
F 170-θ 170-θ 140-θ 85-θ 50-θ
絶縁していない回転子巻線 360-θ 230-θ 140-θ 85-θ 50-θ
  • (備考)メタン、炭塵を対象とした安全増・耐圧または内圧の炭抗防爆構造は、経産省公害研究所による検定を必要とします。
           表中のθは定格負荷連続運転時の巻線温度上昇値を示します。

保護方式(ほごほうしき)

モータ外被への異物や水に対する保護程度のことで、JIS C 4034-5およびJEC-2110にて規定・分類されています。
表示は、IPコード+数値(第1記号・第2記号)で表します。

参考

形式 第1
数字記号
説明
無保護系 0 人体の接触、固定異物の侵入に対して、特別の保護を施していない構造。
半保護系 1 人体の大きい部分、例えば、手が誤って機内の回転部分または導電部分に触れないようにした構造。
直径50mmを超える固形異物が侵入しないようにした構造。
保護系 2 長さ80mmを超えない指など機内の回転部分または導電部分に触れないようにした構造。
直径12mmを超える固形異物が侵入しないようにした構造。
閉鎖系 3 直径2.5mmを超える道具やワイヤが外被内部の回転部分または導電部分に接触したり、接近したりしない構造。
直径2.5mm超過の固形異物が侵入しない構造。
全閉系 4 直径1mm超過のワイヤまたは小導片が外被内部の回転部分または導電部分に触れないようにした構造。
直径1mmを超える固形異物が侵入しないようにした構造。
ただし、水抜穴がある場合や外扇がある場合は記号2の保護の程度を満足しなければならない。
防じん系 5 いかなる物体も、機内の回転部分または導電部分に触れないようにした構造。
じんあいの侵入を極力防止し、たとえ侵入しても正常な運転に支障がないようにした構造。
形式 第2
数字記号
説明
無保護系 0 水の侵入に対して特別の保護を施していない構造。
防滴系1 1 鉛直方向に落下する水滴によって有害な影響を受けない構造。
防滴系2 2 鉛直から15度以内の方向に落下する水滴によって有害な影響を受けない構造。
防雨系 3 鉛直から60度以内の方向に落下する散水状態の水によって有害な影響を受けない構造。
防まつ系 4 いかなる方向からの飛まつによっても有害な影響を受けない構造。
防噴流系 5 いかなる方向からの噴流によっても有害な影響を受けない構造。
防波浪系 6 いかなる方向からの強い噴流によっても有害な影響を受けない構造。
防浸系 7 指定の浸水及び時間で水中に浸し、有害な影響を与えるだけの水が機内に侵入しない構造。
水中系 8 水中で連続的に運転できる構造。
ページの先頭へ戻る
  • ※ 当ホームページに掲載されている情報の正確性については万全を期すよう努めておりますが、当社は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

カタログ請求・製品購入

価格、納期についてのお問い合わせやカタログ請求はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

技術相談窓口

導入前の製品の技術的なご質問も、電話、FAX、メールでお受けしております。

お問い合わせフォーム

フリーコール

受付時間(春季・夏季・年末年始の弊社休業日を除く)
平日(月〜金曜日) AM 9:00~12:00
PM 1:00~5:00

アフターサービス

製品に不都合が生じた場合は、お近くの拠点にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る