富士電機株式会社

クローラ式タイヤ試験機

実走行に近いフラットな路面を再現し、正確なデータに基づいた製品開発に貢献。

クローラ式タイヤ試験機

導入のメリット

平板を連続移動させる方式により、路面環境の再現性が向上従来のフラットベルト方式に比べ、横力の計測精度が向上

電動サーボモータによる制御で高精度な試験環境の実現荷重・スリップ角・キャンバー角を俯角した試験も実施可能

  • 接地面にクローラ機構を採用することで、ドラム式と比べて実走行の路面に近い環境を再現しています。
  • フラットベルト式特有のベルトの撚れが発生しないことから、より実走行に近い正確なデータ取得が可能です。
  • タッチパネルで試験機の定数設定や運転時のモニタが可能なため、各種運転操作が容易です。
クローラ式タイヤ試験機

製作仕様

タイヤ 外径350~950mm
幅400mm
運転速度 20km/h
俯角機能 スリップ角(SA):±5°
キャンバー角(CA):0~10°
測定レンジ Fz 0~10kN
Fx ±2kN
Fy ±2kN
Mz ±1.2kNm

※上記以外の仕様にも対応可能ですので、詳細はご相談ください。