富士電機株式会社

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

製品名から検索する

工業電熱製品

鋳造分野

鉄鋼/非鉄分野

各種用途/電源装置

予防保全

予防保全事例

炉体まわり

  1. 1冷却水不足・断水による絶縁焼損事例
    絶縁テープおよびターン間絶縁リングが焼損し、絶縁テープが剥離しています。
  2. 2コイル導体の層間短絡(レヤーショート)
    コイルのターン間で放電現象が発生し、導体が溶損し最終的に通水穴に達して冷却水が漏れ出します。絶縁テープおよび層間リングの絶縁低下、ターン間に異物(金属)が混入し絶縁を損傷させたり、湯差しによる絶縁物の炭化等により、層間短絡事故が発生します。
  3. 3コイル導体の穴あき記録写真
    一般的にコイル導体の期待寿命は20年前後です。水質の悪化・耐火物の膨張等によりコイル導体が変形したり、割れや穴あき等が発生します。
  4. 4コイルセメントおよび炉頂部
    セメント全体的にクラックが入っており、湯差しと思われる変色箇所が見られます。炉頂部キャスタブルにクラックが入っており、部分的に浮き上っています。定期的な補修が必要です。
  5. 5予備コイル
    長期間の操業停止リスクを回避するため、予備コイルの購入を強く推奨いたします。
  6. 6インダクタケース
    インダクタ返却時の事前調査時点では水圧試験に問題はありませんでしたが、その後、使用中に水冷パイプから水漏れが発生する事例がありました。
  7. 7水冷フィーダ
    水冷フィーダは出湯する度に可撓するため、出湯回数が増えるにつれて内部の素線が劣化し最終的には断線に至ります。また、被覆のゴムは温度上昇や経年劣化により硬化・ひび割れし、漏水することがあります。
  8. 8ダイヤル温度計
    冷却水の流量低下は、温度上昇として検出されます。温度計が壊れていると、トラブルの拡大につながります。
  9. 9冷却水ホース
    炉コイルに使われる冷却水ホースは、絶縁性をもつ特殊品です。
  10. 10接点付き圧力計
    冷却水の圧力低下は、炉コイルの抜熱に必要な流量を確保できず、コイルの絶縁劣化や焼損につながります。圧力計は安定操業に重要な機器です。
  11. 11油圧シリンダ
    油漏れを放置すると、湯玉の飛散などにより着火事故につながる恐れがあります。また、ホースの破損により炉体の予期せぬ下降で挟まれ事故などの危険があります。
ページの先頭へ戻る

電源機器まわり

  1. 1制御装置
    制御装置内部の電解コンデンサは60,000時間(約7年)前後で容量低下が進みます。周囲温度が高いと劣化は加速されます。
  2. 2プログラマブルコントローラ・アナログ変換器
    制御装置と同様に機器内部の電解コンデンサの劣化は周囲温度により寿命低下を招きます。廃型機種はパーツの供給が終了しているものが多いため、現行機種への更新が必要です。
  3. 3整合コンデンサ(炉用コンデンサ)
    周囲温度が高いと、絶縁油の内圧が高まり液漏れや筐体の膨張破損につながります。粉塵の堆積は地絡・放電故障につながるため、清掃により環境維持に努めてください。
  4. 4変圧器オイルクーラ
    水冷変圧器の場合、オイルクーラの配管が閉塞すると絶縁油温度が上昇し変圧器内部の劣化を加速します。配管が腐食漏水すると、内部に冷却水が侵入して短絡事故に繋がります。
  5. 5変圧器絶縁油ガス分析
    変圧器内部の内部異常を診断するためには、定期的なガス分析による傾向観察が有効です。
  6. 6インバータ2次冷却水回路
    純水は定期的に全量交換するだけでなく、コンディション維持のためにイオン交換樹脂も定期的に交換してください。循環ポンプ・熱交換器は予備の購入を推奨します。
  7. 7サイリスタ素子
    サイリスタ素子には特性ランクがあります。交換の際には特性ランクを合わせる必要があります。
  8. 8各種基板
    基板に使われる電解コンデンサは60,000時間(約7年)前後で容量低下が進みます。周囲温度が高いと劣化は加速されます。
ページの先頭へ戻る

冷却水装置まわり

  1. 1冷却水不足・断水による絶縁焼損事例
    絶縁テープおよびターン間絶縁リングが焼損し、絶縁テープが剥離しています。
  2. 2コイル導体の穴あき記録写真
    一般的にコイル導体の期待寿命は20年前後です。水質の悪化・耐火物の膨張等によりコイル導体が変形したり、割れや穴あき等が発生します。
  3. 3インダクタケース
    インダクタ返却時の事前調査時点では水圧試験に問題はありませんでしたが、その後、使用中に水冷パイプから水漏れが発生する事例がありました。
  4. 4水冷フィーダ
    水冷フィーダは出湯する度に可撓するため、出湯回数が増えるにつれて内部の素線が劣化し最終的には断線に至ります。また、被覆のゴムは温度上昇や経年劣化により硬化・ひび割れし、漏水することがあります。
  5. 5冷却水ホース
    炉コイルに使われる冷却水ホースは、絶縁性をもつ特殊品です。
  6. 6接点付き圧力計
    冷却水の圧力低下は、炉コイルの抜熱に必要な流量を確保できず、コイルの絶縁劣化や焼損につながります。圧力計は安定操業に重要な機器です。
  7. 7変圧器オイルクーラ
    水冷変圧器の場合、オイルクーラの配管が閉塞すると絶縁油温度が上昇し変圧器内部の劣化を加速します。配管が腐食漏水すると、内部に冷却水が侵入して短絡事故に繋がります。
  8. 8インバータ2次冷却水回路
    純水は定期的に全量交換するだけでなく、コンディション維持のためにイオン交換樹脂も定期的に交換してください。循環ポンプ・熱交換器は予備の購入を推奨します。
  • カタログダウンロードカタログダウンロード
  • お問合せお問合せ
ページの先頭へ戻る