富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • グループ情報
  • 総合製品情報
富士電機機器制御株式会社 印刷 サイトマップ English
富士電機機器制御株式会社 製品情報

サポート・お問い合わせ更新推奨(リニューアル)時期について

ご使用中の機器の世代を確認して適切な更新推奨(リニューアル)時期を調べましょう

盤内高圧機器については、年代表から生産終了機種の電子カタログが開きます。

  1. ① PDFをダウンロードしてください。
  2. ② ★の機器名をクリックしてください。
  3. ③ 生産終了機種の電子カタログが開きます。

※ 電子カタログをご覧いただく為には、スマートフォン、タブレット端末を利用される方は「App Store」または、「Google Play」からActiBookアプリ(無料)をダウンロードしてください。

※PDFファイルをご覧頂くには
 Adobe® Reader 7.0以上が必要です。
 こちらからダウンロードをお願いいたします。

Adobe reader

各機器の更新推奨時期

日本電機工業会(JEMA)では、電気学会の報告や国土交通省の事業者へのアンケートから、高圧設備に使用する各機器の更新推奨時期を以下のとおり、まとめています。

機種 更新推奨時期(使用開始後)
高圧交流負荷開閉器※ 屋内用15 年 または負荷電流開閉数200 回
屋外用10 年 または負荷電流開閉数200 回
GR 付き開閉器の制御装置は使用開始後10 年
断路器※ 手動操作 20 年 または操作回数1,000 回
動力操作 20 年 または操作回数10,000 回
交流遮断器※ 15年 または規定開閉回数
計器用変成器 15年
保護継電器 15年
高圧限流ヒューズ 屋内用 15 年   屋外用 10 年
高圧交流電磁接触器※ 15 年 または規定開閉回数
高圧進相コンデンサ、直列リアクトル、放置コイル 15年
高圧配電用変圧器 20年
低圧電磁接触器・開閉器 10 年 または規定開閉回数
配線用遮断器・漏電遮断器 15 年 または規定開閉回数
  1. この更新推奨時期は、機能や性能に対するメーカの保証値でなく、通常の環境下で通常の保守点検を行って使用した場合に新品と交換 した方が、経済性を含めて一般的に有利とされる時期を示します。
  2. なお、※印を付した機器については、交換可能な最短寿命を表すものではなく、保守・点検状況またはメーカの推奨する部品交換条件 に従って、消耗部品、摩耗部品、電子部品などは適宜交換されることを前提としています。また、長期間保管した予備品は、充分な点検・整備を行ってから使用されるようお願いします。

使用中の機器の世代を調べて適切な更新推奨(リニューアル)時期を調べる

使用中の機器の世代を調べて適切な更新推奨(リニューアル)時期をこちらからご確認のうえ、是非ご連絡ください。

ページTOPへ
ページTOPへ