富士電機株式会社

富士電機のFA IoT製品

富士電機のFA IoT製品は豊富なラインアップがございます。
お客様の用途に応じて、さまざまなIoT化ニーズにきめ細かくお応えいたします。

組立加工設備からの高速データ収集

網羅的なデータ収集で生産性を向上させたい OnePackEdge

工具折れをリアルタイム検知

加工機の工具状況を最適化したい OnePackEdge MARSYS

バッチ式MSPCを搭載した現場型診断装置

手軽に現場で解析・診断をしたい SignAiEdge

Wi-Fi対応の無線式センサ

複数のデータから異常兆候を発見したい 診断センサHUB

現場とクラウドをつなぐゲートウェイ

ローカルから広域まで簡単にIoT化がしたい FiTSA

回転機の故障予兆を早期検知

回転機の予知保全を簡単に実現したい Wiserot

対象設備

Scroll →

プレス機

切削加工機

研磨機

熱処理装置

ロボット

組立装置

検査装置

コラム

もっと見る

組立加工データ収集システム
OnePackEdge

こんな方におすすめ

  • 組立加工分野の既存設備からの高速データ収集を実現したい方
  • 各社のPLC/CNC・センサから幅広くデータを収集したい方
  • 収集したデータの編集作業・解析作業で苦労している方

特長

  • 設備情報コレクタOnePackEdge Controllerにより、設備の改造なく高速データ収集を実現
  • 活用しやすいように、あらゆるデータの時間軸を揃えて統合データベースに蓄積
  • 解析支援ツールOnePackEdge Openerの活用により、現場から収集したデータを見える化

工具診断システム
OnePackEdge MARSYS

こんな方におすすめ

  • 切削加工機の工具折れをリアルタイムで検知したい方
  • 工具寿命をぎりぎりまで延ばして交換回数を最適化したい方
  • 既存設備に影響を与えない形で工具折れを診断したい方

特長

  • OnePackEdge MARSYSと専用電力センサを取り付けるだけで、加工状態を見える化&診断
  • 専用ソフトProHealthにより、蓄積された波形データの傾向分析・閾値決定が可能
  • 専用電力センサはリアルタイムで瞬時の電力変化も検知できるため、工具折れ診断時間不要

製品ページ

現場型診断装置 SignAiEdge

こんな方におすすめ

  • バッチプロセスの生産現場で診断結果や異常要因を把握して即座に改善につなげたい方
  • 熟練者の勘をデータ化して診断・解析に生かしたい方
  • お客様自身で診断モデルの作成から異常要因の分析まで手がけたい方

特長

  • 正常データから自動で診断モデルを作成するため、モデル作成に難しい知識は不要
  • 現場で「いつもと違う」動きを見つけ出し、その原因が分かるため、迅速な対処が可能
  • 寄与度・相関表・統計量などの分析画面を利用して異常要因の深堀が可能

診断センサ HUB

こんな方におすすめ

  • ロボット等の可動域の多い設備から後付けでデータを収集したい方
  • 収集データを設備の開始~終了のサイクルと同期させたい方
  • 複数のセンサのデータを同じ時間軸で集約して異常兆候を監視したい方

特長

  • 本体に3軸加速度センサを内蔵、最大4chの外部接続センサも含めて、1サイクル単位で計測
  • 計測開始トリガを複数から選択可能(装置動作の自動検知等)
  • Wi-Fiによる無線通信でデータを出力

製品ページ

データ収集コントローラ FiTSA

こんな方におすすめ

  • さまざまな現場機器に接続して、簡単にデータ収集・加工、見える化を始めたい方
  • IoTシステム(オンプレミス・クラウド)を簡単に構築したい方
  • アプリケーションの追加機能で、エッジコントローラ側でお客様要望を実現したい方

特長

  • 標準インターフェースでクラウドやオンプレサーバとの接続が容易
  • 各種ソフトと組み合わせてお客様の現場に合わせたカスタマイズ対応が容易
  • SIMを挿すだけでモバイル回線に接続可能なタイプもご用意

製品ページ

回転機故障予兆監視システムWiserot

こんな方におすすめ

  • 回転機の故障による設備停止を未然に防ぎたい方
  • 計画的な予知保全の実現でメンテナンスコストを削減したい方
  • 異常検知の閾値の設定が難しいと感じている方

特長

  • 独自の判定基準値(Q値)により、ベアリング異常の早期発見でダウンタイムを削減
  • 保全業務の軽減と安全対応でメンテナンスコストを削減
  • 当社独自の診断技術により、インバータキャリア振動ノイズをカット
ページの先頭へ戻る