富士電機株式会社

自動化と省エネ -街-

流通現場の省力・省人

自動販売機を活用した省人化

人手不足に応える
衛生用品の自動販売機

マスクや入院患者用の歯ブラシ、スリッパなどの衛生用品を販売できる自動販売機が、神戸市の病院に設置されました。人手による販売を
自動販売機に移管することで、手軽にマスクを買っていただくことができ、コロナウィルス感染症対策に貢献しています。

  • 衛生用品を販売する自動販売機
  • マスクを販売する自動販売機

夜間の無人営業を実現するキーワードは…2WAYケース

人手不足に応える
昼夜活躍する2WAYケース

当社が提供する2WAYケースは、昼間のピーク時にはショーケースとして、夜間のオフピーク時は無人店舗化した自動販売機として利用できます。これによって、夜間の売上確保も可能。POS連携により、自動販売機の売上データも店舗POSと一元管理できます。

  • 昼間のピーク時にはショーケース利用
  • 夜間のオフピーク時は無人店舗化した自動販売機利用

ついに実現!大容量手指消毒機

大容量のタンクを搭載した
自動手指消毒機

当社が開発した自動手指消毒機は大容量タンクを搭載しています。5リットルまで入れられ、1度の補充で2,000回以上※の使用が可能。多くの人が出入りする受付、オフィス、商業施設など、様々なロケーションに最適です。吐出量はロケーションに応じて調整が可能です。
*1回の吐出量を2mlで設定した場合

  • 大容量手指消毒機

自動販売機は優秀な電力需給のバランサー

自動販売機でVPP実証
需給調整力を創出する

国内に約213万台設置されている清涼飲料水の自動販売機。蓄熱性に優れ、応動時間が比較的早く、約200MW以上のDR(デマンドレスポンス)ポテンシャルを秘めています。当社は中部電力様と協業で遠隔制御によるVPP※実証を開始。市場の需給調整力を獲得し、自販機群による新たなビジネスモデル構築を模索しています。
※VPP:Virtual Power Plant。分散型の発電設備や大型蓄電池などをIoTで一括制御し、1つの発電所のように機能させる仕組み

  • 自販機群によるビジネスモデル構築図

店舗のエネルギー管理・制御の合言葉はスマートシステム

温度や照明管理・機器監視を
一元化する管理システム

店舗向け総合設備管理システム「エコマックスコントローラ」は、店舗に設置した冷凍機やショーケース、空調などのエネルギー使用量や稼働状態を24時間監視。自動で機器の最適制御も行い、高い省エネ※を実現します。ネット接続により遠隔監視や遠隔制御もでき、本部や複数店舗をつなぐネットワーク化も可能です。
※当社比による

  • 店舗向け総合設備管理システム

暮らしを支える安全・安心な社会インフラ

そしてe-Paletteへ

トヨタ自動車e-Paletteに
ドア駆動システムを提供

トヨタ自動車の低速自動運転EV「e-Palette」に、当社製のドア駆動システムが採用されています。鉄道車両の電気式ドア駆動システムの当社シェアは国内約50%、世界では約75,000台を納入し、年間約30億人の通勤や生活を支えてきました。実績に基づく信頼性・安全性と小型・モジュール構成が評価され、同車の技術として選ばれています。

  • トヨタ自動車e-Palette
  • 採用されたドア駆動システム

世界に誇る新幹線を支える高い技術

新幹線N700S系の駆動を支える主変換装置

世界に誇る新幹線。その駆動部分に当社の主変換装置が使われています。主変換装置は主電動機の回転速度を制御し、走行速度をコントロールするもの。電流を高速で入り切りする「ハイブリットSiC」が細かく電力を制御しており、この信頼性の高い技術が新幹線の高速走行を可能にしているといっても過言ではありません。

  • 新幹線N700S系
  • 採用された駆動部分の主変換装置
  • パワー半導体製品

電気自動車をより長くより遠くへ

電気自動車をより遠くへ高性能
IGBTモジュール

電気自動車(EV)は、環境負荷低減や航続可能距離向上のため、搭載部品の小型化・軽量化・高効率化が求められます。当社ではモータ駆動用インバータ向けに、小型化と低損失を実現したRC-IGBT※を搭載。従来製品より放熱性能に優れる直接水冷構造を採用した「直接水冷モジュール」を2019年度より量産しています。
※RC-IGBT:異なる機能を持つ2種類の半導体(IGBT、還流ダイオード)を1チップ上に直線状に交互に配置し動作させることで、2チップ別々に配置した場合に比べて、大幅な小型化を可能にします。

  • 小型化と低損失を実現したRC-IGBT

地震大国で生まれた身を守るための技術

地震被災時の損傷度合いの瞬時判定を実現

熊本市が本庁舎に導入した(株)日建設計の地震時建物被災度判定システムには、当社の「構造ヘルスモニタリングシステム」が使用されています。感振センサが強振動から微振動まで高精度に建物の揺れを計測するとともに、構造解析技術を活用することで、建物強度の見える化と迅速な被災度判定が可能です。

  • 構造ヘルスモニタリングシステム
  • 熊本市が本庁舎に導入した(株)日建設計の地震時建物被災度判定システム

ソリューション詳細はこちら

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る