ものづくり教育推進センター

学校現場でのものづくり教育を応援!

第四次産業革命の流れが迫りくる中、人口知能(AI)を持った車や、スーパーのレジの自動化だけをとっても多くの失業者がでるといわれてます。
一方ではAIや、IoTはプログラミングで成り立っており、今まで世の中にない商売が躍進するかもしれない可能性を十分に秘めております。
世界最先端IT国家創造宣言では、「新しいモノづくりであるデジタル・ファブリケーションやロボティクス、プログラミング、コンテンツ作成など、学生等が、将来を展望した技術を習得できる環境整備を教育環境のIT化とともに進める。」としています。

当社は、3Dプリンタを活用した授業を長年研究されている先生の協力を得て、3Dプリンタを活用した出張授業を通じて、社会や世界の技術変化に対応でき、論理的思考力、判断力、新たな付加価値を生み出す創造力を養える「ものづくり教育」を模擬授業の提案と併せて推奨させていただいております。
エコバックにつけるオリジナルのボタンを3Dプリンタで作成する等の技術科と家庭科を融合したものづくり授業や、簡易的な3次元ソフトによる展開図、断面図を算数教材に活用するなど、各種をご提案しています。

  • 政府資料より

FSL Café

第4次産業時代に向けて“ものづくり”における新しい動きに対して、一緒になって取り組んでいくため、本社ビル1階に「FSL Café」をオープンしました。
教育現場で活用されている様々な3Dプリンタでの印刷体験や、教育用の3Dデータ作成ソフトを使っての勉強会、各種要望に合わせた講習会などを企画いたします。富士電機社製のコーヒーメーカーも設置しておりますので、お気軽にお越しいただける情報共有の場としてご活用下さい。

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求

関連ソリューション・サービス