富士電機株式会社

コンデンサ容量測定(工場出荷値比較)の方法は?

ご質問

コンデンサ容量測定(工場出荷値比較)の方法は?

回答

プログラムモードの「5.メンテナンス情報」から主回路コンデンサの容量測定値を確認することができます。工場出荷値を100としたパーセントで表示されますが正しく測定するためには工場出荷時と同じ測定条件で行う必要がありますので、次の手順で行ってください。

測定手順

1. 工場出荷値との比較モードであるか確認する。
H98のデータを2進数変換してbit3が0であることを確認する。(工場出荷値の83であればbit3は0

2. 工場出荷時の負荷状態にする。
通信、制御端子、R0,T0の配線を外し、H06(冷却ファンON-OFF制御)を0:不動作(工場出荷値)にする。

3. 主電源を投入しインバータは停止状態、冷却ファンが有る機種では回っていることを確認する。

4. 電源を遮断しLED表示が....が表示された後完全に表示が消えるのを待つ。

5. 再度電源を投入しプログラムモードの「5.メンテナンス情報」でコンデンサ容量を%表示で確認する。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

「5.メンテナンス情報」を表示させるために最初にE52(タッチパネルメニュー選択)を、2(フルメニュー)に変更してください。
 詳細はユーザーズマニュアルの「7.3.1 寿命判断機能」、「3.4.6 アラーム情報を見る」を参照ください。

アンケートにご協力ください

問題は解決しましたか?
記事内容について
ご意見等があればご記入ください

※ 返信が必要な場合(ご質問・お問い合わせ等)は、 お問い合わせフォーム 新しいウィンドウで開く をご利用ください。

送信しました。
ご協力ありがとうございました。

関連資料

その他の質問

カタログ請求・製品購入

価格、納期についてのお問い合わせやカタログ請求はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

技術相談窓口

導入前の製品の技術的なご質問も、電話、FAX、メールでお受けしております。

お問い合わせフォーム

フリーコール

受付時間(春季・夏季・年末年始の弊社休業日を除く)
平日(月〜金曜日) AM9:00~PM7:00
土・日・祝日 AM9:00~PM5:00

アフターサービス

製品に不都合が生じた場合は、お近くの拠点にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る