富士電機株式会社

制御オプションカードは何枚取付可能ですか?

ご質問

制御オプションカードは何枚取付可能ですか?

回答

FRENIC-MEGAシリーズでは、オプションカードをインバータ内部の制御基板に最大3枚まで搭載することが可能です。
オプションカードの種類によって基板上の搭載する場所(ポート)と枚数が制限されますので表-1を参照してください。

種別 オプション形式 接続ポート 搭載可能MEGA 備 考 
Aポート Bポート Cポート ROM
バージョン
製品
バージョン
リレー出力 OPC-G1-RY × 0100以降 ※1 AとBの2枚同時搭載(4出力)可能
フィード
バック
OPC-G1-PG × × 0100以降 ※1  
OPC-G1-PG2 × × 0100以降 ※1  
OPC-G1-PG22 × ※3 3510以降 ※4  
OPC-G1-PMPG × ※3 0900以降 - 同期モータ駆動専用品
(FRN□□□GX1□-□□専用)
I-O系 OPC-G1-DI 0500以降 ※2 A/B/Cポートのいずれか1枚搭載可能
OPC-G1-DO 0500以降 ※2 A/B/Cポートのいずれか1枚搭載可能
OPC-G1-AIO 0700以降 ※2 A/B/Cポートのいずれか1枚搭載可能
通信系 OPC-G1-DEV 0500以降 ※2 通信系オプションは、いずれか1枚のみ搭載可能(例:OPC-G1-DEVとOPC-G1-TLの同時使用は不可)

OPC-G1-SX搭載時、BポートはOPC-G1-RYのみ搭載可能
OPC-G1-TL × × 0500以降 ※2
OPC-G1-COP × × 1000以降 ※5
OPC-G1-PDP × × 1000以降 ※5
OPC-G1-CCL × × 0500以降 ※2
OPC-G1-SX × × 1000以降 ※5

※1 製品バージョンに関係なく使用できます。
※2 製品バージョンC以降は使用できます。C未満の場合はROMバージョンの確認が必要です。
※3 B/Cポートの領域を占有するため、Bポートへの他のオプションは搭載できません。
※4 製品バージョンI以降は使用できます。I未満はROMバージョンの確認が必要です。
※5 製品バージョンC以降は使用できます。
注意:IP40キットを使用時は、搭載可能なオプションカードは1枚となります。ただし、リレーオプションカード(OPC-G1-RY)は2枚搭載可能です。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

アンケートにご協力ください

問題は解決しましたか?
記事内容について
ご意見等があればご記入ください

※ 返信が必要な場合(ご質問・お問い合わせ等)は、 お問い合わせフォーム 新しいウィンドウで開く をご利用ください。

送信しました。
ご協力ありがとうございました。

関連資料

その他の質問

カタログ請求・製品購入

価格、納期についてのお問い合わせやカタログ請求は当社営業または代理店にお問い合わせください。

国内販売ネットワーク

技術相談窓口

導入前の製品の技術的なご質問も、電話、FAX、メールでお受けしております。

お問い合わせフォーム

フリーコール

受付時間
(春季・夏季・年末年始の弊社休業日を除く)
平日(月〜金曜日) AM9:00~PM7:00
土・日・祝日 AM9:00~PM5:00

アフターサービス

製品に不都合が生じた場合は、お近くの拠点にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る