富士電機株式会社

外部アラームの入力をB接点(ノーマルオン)にしたい。(X1~X9端子の論理変換を行いたい)

ご質問

外部アラームの入力をB接点(ノーマルオン)にしたい。(X1~X9端子の論理変換を行いたい)

回答

外部入力端子X1~X9端子に設定された機能が動作する場合、工場出荷時ではA接点(ノーマルオープン)動作になっています。外部アラームなど信号がB接点(ノーマルクローズ)で動作させたい場合に、機能コードE14で論理反転することができます。

設定方法

  • 1. 機能コードE14を開きます。
  • 2. 設定変更したいX1~X9端子に対応する番号1~9にShiftキーで■点滅箇所を移動させてください。
  • 3. 上下キーでノーマルオープン(OP)、ノーマルクローズ(CL)の選択する箇所を■にし、unc_dataキーで書き込みます。

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

アンケートにご協力ください

問題は解決しましたか?
記事内容について
ご意見等があればご記入ください

※ 返信が必要な場合(ご質問・お問い合わせ等)は、 お問い合わせフォーム 新しいウィンドウで開く をご利用ください。

送信しました。
ご協力ありがとうございました。

関連資料

その他の質問

カタログ請求・製品購入

価格、納期についてのお問い合わせやカタログ請求はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

技術相談窓口

導入前の製品の技術的なご質問も、電話、FAX、メールでお受けしております。

お問い合わせフォーム

フリーコール

受付時間(春季・夏季・年末年始の弊社休業日を除く)
平日(月〜金曜日) AM9:00~PM7:00
土・日・祝日 AM9:00~PM5:00

アフターサービス

製品に不都合が生じた場合は、お近くの拠点にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る