富士電機株式会社

模擬的に故障を出すことはできますか?

ご質問

模擬的に故障を出すことはできますか?

回答

H142(模擬故障)を1に設定してください(ダブルキー操作が必要です)。
この設定により模擬的にアラームを発生させることが出来ます。
なお,H108(軽故障対象定義3)で模擬故障が“ 軽故障 ”として定義されている場合,Y 機能選択設定(E15E19)のいずれかの機能コードに軽故障【L-ALM】を割り付けることによって,模擬故障状態を汎用出力(Y1~Y5)に出力できます。
このとき,一括アラーム出力リレー(30RY)は動作しません。
“ 重故障 ”として定義されている場合は,模擬故障状態で“ Err ”を表示します。

設定方法

ダブルキー操作方法

注意事項

H03のデータを変更するには,2つのキー「STOPキー+上/下キー」を同時操作するダブルキー操作が必要です。

ワンポイントアドバイス

模擬故障は,STOPキーとFUNCキーを3秒以上押し続けて発生させることもできます。

アンケートにご協力ください

問題は解決しましたか?
記事内容について
ご意見等があればご記入ください

※ 返信が必要な場合(ご質問・お問い合わせ等)は、 お問い合わせフォーム 新しいウィンドウで開く をご利用ください。

送信しました。
ご協力ありがとうございました。

関連資料

その他の質問

カタログ請求・製品購入

価格、納期についてのお問い合わせやカタログ請求はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

技術相談窓口

導入前の製品の技術的なご質問も、電話、FAX、メールでお受けしております。

お問い合わせフォーム

フリーコール

受付時間
(春季・夏季・年末年始の弊社休業日を除く)
平日(月〜金曜日) AM9:00~PM7:00
土・日・祝日 AM9:00~PM5:00

アフターサービス

製品に不都合が生じた場合は、お近くの拠点にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る