富士電機株式会社

アラームP9が発生しました。どうしたらいいですか?

ご質問

アラームp9が発生しました。どうしたらいいですか?

回答

センサ付きベクトル制御で運転する場合のモータからのPG(パルスジェネレータ)の配線が断線している場合に発生します。接続を確認ください。

原因 チェックと対策
  • (1) パルスジェネレータの配線が断線している
    本体PA,PB :[サブコード:0001]
    本体電源  :[サブコード:0004]
    オプション :[サブコード:0002]
    (OPC-VG1-PG,OPC-VG1-PMPG)
パルスジェネレータが正しく接続されているか,断線はないか確認する。
  • →パルスジェネレータが正しく接続されているかを確認する,またはねじを増し締めする。
  • →接続部が被覆を噛み込んでいないかを確認する。
  • →断線していない配線と交換する。
  • 【同期モータ】
    オプションカード(OPC-VG1-PMPG)
    使用時(2) モータの冷却系が故障。
  • (2) 速度/磁極位置センサの接続に不具合がある
  • (3) モータの回転方向とセンサ出力が一致していない
    [サブコード:0010~0400]
速度/磁極位置センサの出力配線の接触不良やAB相,あるいはUVW相の相順を確認する。
  • →オプションカードと速度/磁極位置センサとの接続を正しく行う。モータの配線の接触不良や相順を確認する。
  • →インバータとモータとの接続を正しく行う。
  • (4) オプションカード(OPC-VG1-PG,OPC-VG1-PMPG)の接続に不具合がある
出力電流を測定する。
  • →オプションカードとインバータ本体のコネクタが正しく嵌合しているか確認する。
  • →オプションカードを正しく本体に装着する。
  • (5) 周囲から強いノイズを受けた
ノイズ対策(接地の状態,信号線や通信ケーブル/主回路配線の設置方法など)を確認する。
  • →ノイズ対策を行う。
  • →主回路配線と制御回路配線を可能な限り離す。
  • (6) 制御モードが間違っている
制御モードを確認する。
  • →速度センサ付きでない場合はセンサレス制御モードを設定する。
  • (7) PG の電源電圧(仕様)とPGP 端子の電圧設定が間違っている
PG の電源電圧(仕様)とPGP 端子電圧設定(SW6 切替)を確認する。
  • →SW6 を正しく設定する。
    詳細は第3 章「3.3.3.9 各種スイッチの切換」を参照ください。
  • (8) PG からの配線が細い
PG からの配線が推奨電線サイズを満たしているか確認する。
  • →推奨電線サイズに変更する。
  • (9) PG 波形が異常である
PG 検出回路 自己診断動作選択機能(H74)を使用し,インバータ内制御回路(PG 入力回路)が故障していないか確認する。
  • →自己診断結果「正常」: PG を交換する。
  • →自己診断結果「異常」: 弊社までご連絡ください。
    PG 波形をオシロスコープで確認する。PG 波形を測定する。
  • →PG を交換する。

注意事項

PG用電源端子(PGP)が接続されてない場合もp9エラーが発生しますので、電源を使用されない場合は機能コードH104(保護・メンテナンス動作選択2)でPG電源断線検出不動作を選択ください。
(1***→0***にデータ変更)

ワンポイントアドバイス

なし。

アンケートにご協力ください

問題は解決しましたか?
記事内容について
ご意見等があればご記入ください

※ 返信が必要な場合(ご質問・お問い合わせ等)は、 お問い合わせフォーム 新しいウィンドウで開く をご利用ください。

送信しました。
ご協力ありがとうございました。

関連資料

その他の質問

カタログ請求・製品購入

価格、納期についてのお問い合わせやカタログ請求はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

技術相談窓口

導入前の製品の技術的なご質問も、電話、FAX、メールでお受けしております。

お問い合わせフォーム

フリーコール

受付時間
(春季・夏季・年末年始の弊社休業日を除く)
平日(月〜金曜日) AM9:00~PM7:00
土・日・祝日 AM9:00~PM5:00

アフターサービス

製品に不都合が生じた場合は、お近くの拠点にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る