富士電機株式会社

瞬時停電発生後のインバータの復帰動作設定は?

ご質問

瞬時停電発生後のインバータの復帰動作設定は?

回答

F14(瞬時停電再始動(動作選択))で瞬時停電後のインバータの復帰動作を選択できます。
詳細説明をFRENIC-Ecoユーザーズマニュアル第9章「機能コード」の「F14瞬時停電再始動」の項目に記載しておりますので,ご確認ください。

■瞬時停電再始動(動作選択)(F14)
F14 データ 内容
0:瞬時停電再始動不動作
     (即時トリップ)
インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧で不足電圧を検出すると,その時点で,不足電圧アラームLUが出力され,インバータの出力を遮断し,フリーラン状態になります。
1:瞬時停電再始動不動作
     (復電時トリップ)
インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧で不足電圧を検出すると,その時点で,インバータの出力を遮断し,フリーラン状態になりますが,不足電圧アラームにはなりません。
瞬時停電から復電したときに不足電圧アラームLUを出力します。このとき,モータはフリーランとなります。
3:瞬時停電再始動動作
    (運転継続)
インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧が運転継続レベル以下になった時点で,運転継続制御を開始します。運転継続制御では,減速することにより負荷の慣性モーメントの運動エネルギーを回生し,運転継続時間を延長します。回生するエネルギーが少なく,不足電圧を検出するとそのときの出力周波数を記憶し,インバータの出力を遮断し,モータはフリーラン状態になります。復電時に運転指令が入力されていれば,停電時に記憶した周波数から再始動します。この設定は負荷の慣性モーメントが大きなファンなどの用途に最適です。
4:瞬時停電再始動動作
    (停電時の周波数から再始動)
インバータが運転中に瞬時停電が発生し,インバータの直流中間回路の電圧で不足電圧を検出するとその時点で,そのときの出力周波数を記憶し,インバータの出力を遮断し,フリーラン状態になります。復電時に運転指令が入力されていれば,停電時に記憶した周波数から再始動します。 この設定は,負荷慣性モーメントが大きく,瞬時停電でモータがフリーランになっても,モータ速度の低下が少ない場合(ファンなど)に最適です。
5:瞬時停電再始動動作
    (始動周波数から再始動)
インバータが運転中に瞬時停電が発生し,復電後,運転指令が入力されると,機能コードF23で設定された始動周波数から再始動します。この設定は,負荷慣性モーメントが小さく,かつ負荷が重い場合で,瞬時停電でモータがフリーランになると,短時間でモータ速度がゼロまで低下する場合(ポンプなど)に最適です。

瞬停再始動タイミングチャート

注意事項

なし。

ワンポイントアドバイス

なし。

アンケートにご協力ください

問題は解決しましたか?
記事内容について
ご意見等があればご記入ください

※ 返信が必要な場合(ご質問・お問い合わせ等)は、 お問い合わせフォーム 新しいウィンドウで開く をご利用ください。

送信しました。
ご協力ありがとうございました。

関連資料

その他の質問

カタログ請求・製品購入

価格、納期についてのお問い合わせやカタログ請求はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

技術相談窓口

導入前の製品の技術的なご質問も、電話、FAX、メールでお受けしております。

お問い合わせフォーム

フリーコール

受付時間(春季・夏季・年末年始の弊社休業日を除く)
平日(月〜金曜日) AM9:00~PM7:00
土・日・祝日 AM9:00~PM5:00

アフターサービス

製品に不都合が生じた場合は、お近くの拠点にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る